« 意見まちまちの性教育の判決 | トップページ | 花粉症 »

2009年3月16日 (月)

今日の嬉しいニュース

2007102400000912reuintview0001『今日の嬉しいニュース』     

その1)米航空宇宙局(NASA)は米東部時間15日午後7時43分(日本時間16日午前8時43分)、日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在に臨む若田光一さん(45)ら7人が搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げに成功したことである。5度の小さな欠陥があって打ち上げが一ヶ月も延期したがようやっと打ち上げである。

読売新聞web・・・若田さんは1996年と2000年に宇宙飛行を行っており、今回が3度目の宇宙滞在となる。ミッション・スペシャリスト(搭乗運用技術者・MS)として搭乗する若田さんは、現在ISSに長期滞在中のサンドラ・マグナス宇宙飛行士と交代し、約3カ月半ISSに滞在する。

今回のシャトルの飛行では、ISSの発電量増強に向け、4組目で最後となる大型太陽発電装置が設置される。また、尿を飲料水として再利用するシステムの実験運用が行われ、水質に問題がないことが確認されれば、ISSの定員が現在の3人から6人に増員される。

当初2月12日に予定されていた今回の打ち上げは、ディスカバリーの外部燃料タンクの制御弁の安全性確認などで計5回延期され、この日の打ち上げとなった。

3度目 自ら“実験台”にディスカバリーの打ち上げが成功し、日本人としては初めてとなる若田光一さんの国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在が始まる。打ち上げを前に「ゆっくりと地球を見て、詩や絵を書いてみたい」と語った若田さんだが、実際は極めて多忙な3カ月半となりそうだ。

「コーイチ・ワカタはモルモット役を志願した。錠剤を飲み、体をセンサーでぐるぐる巻きにし、着っぱなしの下着がどれくらい臭くなるかを記録する。科学のために」米有力科学誌ナショナル・ジオグラフィック(電子版)はユーモラスな書き出しで若田さんの長期滞在を詳しく特集した。

若田さんは滞在中、骨粗鬆(こつそしょう)症の治療薬を週1回服用し、予防効果を調べる。遠隔医療実験のため、体には心電計などが常時接続されている。雑菌の繁殖を抑える機能を持つ衣服をテストするため、下着を長期間着用したまま生活する場面もある。

もっとも、こうした「モルモット役」は若田さんの多彩な任務の一部にすぎない。中心的な任務はISSのシステム運用。繊細なロボットアームの運用技術に定評のある若田さんはISSとシャトルの4種類すべてのロボットアームを運用する。1回の飛行ですべてを操作するのは初めてのケースという。

日本実験棟「きぼう」の保守と整備も担当する。6月下旬にシャトルで運び込まれる「きぼう」の船外実験装置を取り付けて「きぼう」を完成させ、そのシャトルで帰還する予定だ。「きぼう」で各種実験を実施するほか、欧州実験棟、米国実験棟での実験も行う。

このほか「宇宙で目薬をさすにはどうすればいいか」などといった一般公募の「おもしろ実験」も実施。帰還まで多忙な日々が続く。(松尾理也)

(その2) 第2回ワールドベースボールクラシック(WBC)2次ラウンド1組の初戦、キューバvs.日本が16日(日本時間)、米カリフォルニア州サンディエゴのペトコ・パークで行われ、日本が6対0でキューバに快勝した。

日本は3回、相手投手の暴投と青木のタイムリー、村田の犠牲フライで一気に3点を先制すると、4回、5回にも1点を追加し突き放した。投げては先発の松坂が6回を無四球、8奪三振の好投で無失点に抑えると、2番手以降の岩隈、馬原、藤川もキューバ打線に三塁を踏ませぬ投球で、見事完封リレーを収めた。

しかし、韓国がメキシコに8-2で逆転で勝っている。アメリカの地で韓国と戦う事になった。一勝一敗である。何とか勝って欲しい。

« 意見まちまちの性教育の判決 | トップページ | 花粉症 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の嬉しいニュース:

« 意見まちまちの性教育の判決 | トップページ | 花粉症 »