« 現実を把握して! | トップページ | 政治の出番だ »

2009年1月 6日 (火)

「 草石蚕(ちょろぎ)」のこと

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

今日の名言

由来、人間というものは、自分の姿が見えないので、得てして他人の心の中に理想の姿を持ちやすい。
シューマン『音楽と音楽家』

0581_2 

               

Chorogi_11

Chorogi_21

草石蚕(ちょろぎ)」左から草→根っこを赤く染めて物→黒豆に添えた正月料理

膝くずし草石蚕をすこし齧りけり仲 栄司

昨日から仕事始めの方も多いなか、今さら正月料理を出すのも心苦しいが、一度紹介してみたかった「草石蚕(ちょろぎ)」をぜひ。実際に目にする機会は、黒豆とともに添えられたおせちのお重のなかでしかないと思われるシソ科イヌゴマ属の多年草の根の部分である。

百合根のような風味なのだが、見た目は名前の通り、蚕というかグロテスクな幼虫のかたちをしており、しかも真っ赤に染められている。初対面ではひと齧りするのもおっかなびっくりという具合であろう。

掲句では膝をくずしたあたりのタイミングも絶妙。一体甘いのやら酸っぱいのやら、果ては食べてもよいものなのかということまで含み、皆目見当のつかない物体なのである。

ちょろぎがおせちに紛れ込んでいる理由のひとつにその名が「長老喜」と当て字されるおめでたい食べ物ということもあり、「せっかくなのだから食べてみたら」と再三勧められたのちおそるおそる伸ばした箸なのか、それとも興味津々の我慢の末、場がなごんだのを機会に「えいっ」と伸ばした箸なのかも気になるところ。愛すべき草石蚕『ダリの時計』(2008)所収。(土肥あき子)

この風変わりな名前は、中国語の「朝露葱」を日本語読みにしたものだろうとされている。根が蚕に似ていることから普通は「草石蚕」と書きますが、「千代呂木」や「長老喜」という字を当てて、長寿を表すおめでたい食べ物としておせちなどに使われているそうだ。

「ちょろぎ」は、江戸時代に中国から伝わったシソ科の多年草で、食用にするのは根にできる塊茎である。黒豆に入れる場合は梅酢で赤く色付けしてあるが、生のときは白く、加熱するとゆり根のような味がする。 山形や岩手が主な産地で、収穫期は10月末~11月。産地では漬物、煮物、吸い物、てんぷらなどに使う。また、中国からイギリスやフランスにも伝わって栽培されている。特にフランスではクリーム煮やサラダなどに利用され、好評だったようだ。

実際私は見たこともないし、食べたこともない。草は見たことがあるかな?

« 現実を把握して! | トップページ | 政治の出番だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「 草石蚕(ちょろぎ)」のこと:

« 現実を把握して! | トップページ | 政治の出番だ »