« 3月決算で増える?倒産 | トップページ | 探梅 »

2009年1月28日 (水)

猫のひるね

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

今日の名言
急な山を登りつめて頂上に腰をおろす旅人は、ほっと一息いれるのがもうかぎりもない喜びだろうが、もし永久にそうやって休息していろと無理じいされたら、彼は幸福であるだろうか?

スタンダール『赤と黒』(上)

座布団を猫に取らるゝ日向哉 谷崎潤一郎

冬の日当りのいい縁側あたりで、日向ぼこをしている。その折のちょっとしたスケッチ。手洗いにでも立ったのかもしれない。戻ってみると、ご主人さまがすわっていた座布団の上に、猫がやってきて心地良さそうにまあるくなっている、という図である。

猫は上目づかいでのうのうとして、尻尾をぱたりぱたりさせているばかり。人の気も知らぬげに、図々しくも動く気配は微塵もない。お日さまとご主人さまとが温めてくれた座布団は、寒い日に猫にとっても心地よいことこの上もあるまい。

猫を無碍に追いたてるわけにもいかず、読みさしの新聞か雑誌を持って、ご主人さましばし困惑す――といった光景がじつにほほえましい。文豪谷崎も飼い猫の前では形無しである。ご主人さまを夏目漱石で想定してみても愉快である。心やさしい文豪たち。

「日向ぼこ」は「日向ぼこり」の略とされる。「日向ぼっこ」とも言う。古くは「日向ぶくり」「日向ぼこう」とも言われたという。「ぼこ」や「ぼこり」どころか、あくせく働かなければならない人にとっては、のんびりとした日向での時間など思いもよらない。日向ぼこの句にはやはり幸せそうな姿のものが多い。

うとうとと生死の外や日向ぼこ」(鬼城)「日に酔ひて死にたる如し日向ぼこ」(虚子)。「死」という言葉が詠みこまれていても、日向ゆえ少しも暗くはない。潤一郎の俳句は少ないが、他に提燈にさはりて消ゆる春の雪という繊細な句もある。『文人俳句歳時記』(1969)所収。(八木忠栄)

猫は、変な習性があることは最近分かったのであるが、鼠も獲らないで、近所の家の庭ばきのサンダル・干してあるタオル・草取り用の軍手など持ち去って、獲物代わりのつもりなのか?どうも困ってしまうのである。

何処へ持っていくのかと言えば自分が、意心地がいい場所に置くのである。これには参った。だから、サンダルの片方がなくなっていたら、その場所に行って探すのである。

猫達も 三々五々の 日向ぼこ

わぁーいるいる!10匹以上が道路の端・濡れ縁・車の屋根などで、おもいおもいのスタイルで居眠りをしている。何か憎めない風情である。しかし、猫はよく眠る。猫好きのおばあさんの話だと一日20時間は、寝ていると言う。

14521822_orgv12322485711_3

« 3月決算で増える?倒産 | トップページ | 探梅 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫のひるね:

« 3月決算で増える?倒産 | トップページ | 探梅 »