« オバマ大統領しなやかに・したたかに | トップページ | 正社員にアルバイトを認める »

2009年1月23日 (金)

フラストレーションの問題

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ Google誕生

今日の名言
真理はそのままでもっとも美しく、簡潔に表現されていればいるほど、その与える感銘はいよいよ深い。
        
ショウペンハウエル『読書について他二篇』「著作と文体」 

3612着ぶくれてこの世の瑣事も夕焼す 櫻井博道

忙しくかかわっていることが、ふと瑣事(さじ)に思えてくることはよくある。人間、糊口をしのがねばならぬのは言わずもがなだけれども、それにかかわらないことにもどれほど意を砕いて日々を送っていることか。

「瑣事」ということへの発想は一般的だが、病臥の歳月を重ねた作者が平成三年、六十歳で世を去る前の感慨であることを知ると、「着ぶくれて」に現在只今の「生」の実感が込められ、「夕焼」にこの世への賛歌やエールが贈られているように思う。

「こんなつまらないことにかかずらっている」という否定的な自覚ではなくて、「この世の瑣事」に没頭できる時間と存在への肯定である。『季語別櫻井博道全句集』(2009)所収。(今井 聖)

些細な事の積み重ねで一日一日がある。しかし人の思いは夫々である。いかに大波のような案件を平然と受け流す人もいれば悩んで悩んでうつ病になってしまう人もいる。そして自殺する人さえいる。

これは、現役のことであるが、職場配置転換をした時のことに経験がある。なかなか新しい職場の仕事や人間関係に慣れず、悩んでいた時に、上司に「そんな瑣事な問題で悩むなんて 私なんかもっと大変なんだから・・・」「確りしなきゃ」と言われてしまった。

その話を聞き余計滅入ってしまった経験がある。人間仕事で,ストレスやフラストレーションが起きる事は、その人の性格・考え方・受け止め方で違ってくる事だと思うが・・・。

アメリカのオバマ大統領はいきなり分刻みのスケジュールをこなさねばならないそうだ。殆ど自分の時間がないと言っても過言でない緊張の連続だと思う。そうとうフラストレーション溜まるだろうが、どうしてクリヤーしていくのだろう?

« オバマ大統領しなやかに・したたかに | トップページ | 正社員にアルバイトを認める »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラストレーションの問題:

« オバマ大統領しなやかに・したたかに | トップページ | 正社員にアルバイトを認める »