« 東芝、太陽光発電システムに参入 | トップページ | 老後が不安 »

2009年1月 7日 (水)

七草

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
今日の名言
戦争や戦闘は野獣的な行為として、そのくせそれを好んで用いる点にかけては人間のかなう野獣は一匹もいない。                        トマス・モア『ユートピア』                                                              

08tyokai_zenzinnuma11七くさや袴の紐の片むすび 与謝蕪村

一般に元旦から今日までが松の内。例外もあって、十五日までという地方もある。人日とも言う。七草とは、せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。これら七種を粥にして食べれば万病を除く、とされるこの風習は平安朝に始まったという。

蕪村の時代、ふだんは袴などはいたことのない男が、事改まって袴を着用したが、慣れないことと緊張とであわてて片結びにしてしまったらしい。結びなおす余裕もあらばこそ、そのまま七草の膳につかざるを得なかったのであろう。周囲の失笑を買ったとしても、正月のめでたさゆえに赦されたであろう。

七草の祝膳・袴姿・片むすび――ほほえましい情景であり、蕪村らしいなごやかさがただよう句である。七草のことは知っていても、雪国の田舎育ちの私などは、きちんとした七草の祝膳はいまだに経験したことがない。

ボリュームのある雑煮餅で結構。もともと雪国の正月に七草など入手できるわけがない。三ケ日の朝食に飽きもせず雑煮餅を食べて過ごしたあと、さすがにしばし餅を休み、「七日正月」とか何とか言って、余りものの大根や葱、豆腐、油揚、塩引きなどをぶちこんだ雑煮餅を食べる、そんな〈七草〉だった。

江戸時代に七草を詠んだ句は多いと言われるけれど、蕪村が七草を詠んだ句は、この一句しか私は知らない。志太野坡の句に七草や粧ひかけて切刻みがある。『与謝蕪村集』(1979)所収。(八木忠栄)

確かに、雪国の田舎の正月に七草が手に入るわけがない。この風習は平安京に始まったとされるが、万葉集にも既に前日に七草用の若菜摘みをしたことが詠われていることから料理こそ違え奈良時代には既に現在に近い行事があったと思われる。

ただし、奈良時代のそれは、米・粟・稗・ミノ・ゴマ・アズキ・キビなどの穀類を使ったらしい。日付も正月十五日と現在の七草の節供とは異なる。
思うに現在の七草行事は、元もと存在していたこの宮中行事と中国伝来の七種菜羮が組み合わさった形なのだろう。
聞くところによると、宮中で行われる七草粥の行事では、前述した穀類が使われ、日付も正月十五日。「古式」に則った行事が生きているらしい。

源氏物語の注釈書「河海抄」の中で  七草のことを記載している。それが後年、よく知られる。       「せりなずな  御形はこべら  仏の座  すずなすずしろ  これぞ七草」 

君がため 春の野に出て 若菜摘む 我衣手 雪は降りつつ・・・光孝天皇 『古今集』 

があるが、実際に若菜(七草)はつめたのだろうか?

« 東芝、太陽光発電システムに参入 | トップページ | 老後が不安 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七草:

« 東芝、太陽光発電システムに参入 | トップページ | 老後が不安 »