« 冬日向 | トップページ | 3月決算で増える?倒産 »

2009年1月27日 (火)

政治のリセットを

Iwao1702c1国民の声を無視した政策は結果が出ないと良し悪しは分からないと言うことか、定額給付金を含んだ2次補正予算案は、与党の力で成立させることになりそうだ。

善政、悪政とは、人それぞれ価値観が違う。だから見方によっては、選挙で選んで国造りしたので、国民から見れば、現状が善政と言わざるを得ない。人それぞれ価値観が違う。だから見方によっては、選挙で選んで国造りしたので、国民から見れば、現状が善政と言わざるを得ない。

民主主義は、目的でなく、ルールの決め方なのである。したがって善政、悪政とはルールの善し悪しだと思う。だから民主党が主張しているように、解散し総選挙をして民意を問うことが大事なルールではないかと思う。

毎日新聞社説・・・2兆円の定額給付金を盛り込んだ08年度2次補正予算案の成立をめぐる与野党攻防は26日深夜まで続き、結論を持ち越した。だが、政府案通り成立させる与党の方針に変わりはないようだ。毎日新聞は定額給付金について目的も効果も明確でないと再三指摘し、撤回を求めてきた。世論調査でも賛同する人は少数だ。にもかかわらず、麻生太郎首相や与党はこうした声にまるで耳を傾けない。極めて残念だ。

毎日新聞の世論調査(24、25日)で定額給付金を評価すると答えた人は22%。評価しない人は74%に上った。厳しい見方となった第一の要因は消費刺激策なのか、生活支援策なのか、首相自身がぶれ続け、国会審議でも明快な説明ができなかったからだろう。

与党は実際に給付されれば世論の風向きは変わると考えているのかもしれない。しかし、増税などではなく、国民に税金が還元される話に、これほど異論が出るのは過去、ほとんど例がない。「2兆円を使うならもっと別の政策に」と考える人も多いはずだ。税の使い方に対する国民意識の大きな変化に、なぜ、首相や与党は気づかないのか。

26日、参院では定額給付金部分を削除した民主党など野党の修正案が可決された。衆参の議決が異なった際に開かれる両院協議会は実際には形式だけになっており、そのあり方を見直すべきだと、かねて私たちも提案してきたところだ。

両院協を予算案修正の場とみなし、給付金の削除や削減を求めるという今回の野党の対応は、ねじれ克服の一つの方法だ。だが、与党はそんな提案にも聞く耳を持たないようだ。

麻生内閣の支持率は今回の毎日調査で19%。不支持率は65%と歴代ワースト2位となった。自民党の支持率も低落。山形県知事選では従来、圧倒的に優位とされる2期目をねらった現職を地元選出の自民党衆院議員らが支援しながら、民主党支援の新人に敗れた。

いずれも今の政権が国民の信頼を著しく失っている表れではなかろうか。

だが、そこまで窮地に陥っているのに与党は相も変わらず何ら譲歩しない国会運営を進めようとしている。これでは国民の支持はますます離れていくはずだ。国民の信頼がない政権が厳しい経済状況に立ち向かっていくのは不可能だ。

毎日調査によれば、麻生首相が衆院解散・総選挙は少なくとも来年度予算成立までは行わない考えを示していることに対し、評価すると答えた人は32%で、評価しない人は61%だった。

景気対策は緊急課題だが、早期に解散・総選挙を行い、政治をリセットする方が先だと考える人が再び増えてきたということだ。首相はそんな声も無視しようというのだろうか。解散先送りのツケもまた、大きくなるばかりだろう。

« 冬日向 | トップページ | 3月決算で増える?倒産 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治のリセットを:

« 冬日向 | トップページ | 3月決算で増える?倒産 »