« どうも分からぬ政策 | トップページ | 医師赤羽桂子さん »

2009年1月12日 (月)

成人式

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

 今日の名言

人間は他人の嘘にはたやすく気づくものであって、ただその嘘が自分におもねるときか、あるいはちょうど都合のよいときだけ、それを信じるのである。

ヒルティ『眠られぬ夜のために』(第一部)

Img_miharayama1 成人の日ひかる唇イエスと言う 山口可久美

作者自身の「成人の日」ではないだろう。我が子の式典に参列したのか、あるいは役目上での出席か。「イエス」はおそらく、新成人の若者がこの日の誓いの言葉か何かにいっせいに和した様子だと思われる。

「ひかる唇」が効いている。べつに唇がひかって見えたわけではないけれど、そのように感じられたということだ。つまり「ひかる唇」という表現には、作者の若さへの憧憬を秘められているのだ。異口同音に「イエス」と言える若さの素朴は、作者が失って久しいものなのだろう。若いって、いいなあ……。

私なども年齢を重ねるにつれて、この思いが強くなってきた。しかし一方で、自分が若かった頃を思い出すと、そう簡単に「イエス」などとは言えなくて、いつも「ノー」が先行していたのだった。自宅から歩いて五分で行ける公民館で催された式典にも、意識的に欠席した。

でもそんな若い私を見ていた年配の人がいたとしたら、やはり私の若さを眩しく感じたには違いない。人生は順繰りだ。いまは素直に、自信の若さの生意気を懐しいなと思えるようになった。『現代俳句歳時記・冬 新年』(2004・学習研究社)所載。(清水哲男)

今日は成人の日。私の成人式は良く覚えている。何だか遠い昔であったが、貯蓄を下ろしオーバー・スーツを買って、式に出かけた。その記念に女二人男二人で伊豆大島へ船伯で行ってきた。三原山ののぼり、買ったばかりの靴が疵だらけでなり、がっかりした。

今から考えても、若い男女4人でよく女親が許してくれたものだと思う。若かかった時代はよかたなあ・・・。

以前、成人式はあちこちでの開場で、問題を起して警察の厄介になった記事がある。昨日一日早い成人式が沖縄であった。成人になったと言う事で、お酒飲んで、暴れて、式をめちゃくちゃにしてしまったり、街に繰り出し道路を占拠したりしたニュース映像が、テレビに映像に流れた。

今日本番だが、平穏なのかなあ・・・。

« どうも分からぬ政策 | トップページ | 医師赤羽桂子さん »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人式:

« どうも分からぬ政策 | トップページ | 医師赤羽桂子さん »