« 確定申告と定額給付金 | トップページ | 冬日向 »

2009年1月26日 (月)

子供想像力を高めるには

08nangodake_sandou11子供の創造力を高めることが大事で、その力をつけるためにはどうしたらいいのかという悩みを持つ親が多い。どういうことかと言うと、本を最後まで読み、その後の展開を創造する、つまり物語を「創(つく)る力」を育てる。にはどうしたら良いかという悩みである。ご参考に・・・・

小泉浩明氏(学習指導や教材の研究者及び教務コンサルタント)の記事を見て参考になればと記して見た。それにによると・・・。
一般的に本をたくさん読んでいるお子さまは、お話を創ることも上手である。おそらく今まで読んだ話のパターンが記憶にインプットされていて、それらを与えられた設定に沿って自在に組み合わせることで、その後の展開をうまくまとめられる。
このように考えると、物語を創る力を育てるにも、読書の習慣が非常に効果的であると言える。しかし読書の習慣があまりないお子さんもいると思うので、読書以外の方法を紹介すると。実際に私の教室で行ったもので、子どもたちは楽しく物語を創れていたと思います。

「物語を創る」という授業は、小学2年生、3年生のクラスで行った。楽しくできるように、物語の設定は子どもたちがよく知っているお話を拝借します。たとえば「ある日、ジャックは牛と豆を交換したが、怒った母親に豆を庭に捨てられてしまった。ところが次の朝、その豆は大きな木に成長していた……。」という、有名な『ジャックと豆の木』の冒頭を借ります。

有名な冒頭のほうが、子どもたちの多くがお話の展開を知っているので、新たに物語を創る時の参考になるのです。ところがこれだけの条件で、「さあ、新しい物語の続きを考えてごらんなさい」と手を放しても、なかなかうまく創れない場合が多いと思います。

もちろん、上手にお話の続きを考える子どもたちもいますが、考えつかないかあるいは面白みのない物語しか書けないケースも少なくありません。たとえば、ジャックのように豆の木に登って行ったらロボットが出てきて、ジャックがそれらをやっつけて終わりのような話です。

ところがここで話の方向性としての「型」を与えると、子どもたちの動きが違ってきます。

与える「型」は、中学校の入試問題にもよく出てくる「成長の物語」にします。すなわち「最初は劣っていた主人公が、何か試練を得ることで、人間的に成長(成功)する」という型です。「成長の物語」の型について話をして、これから作るお話もこの「型」に沿って作るようにと指示するのです。すると、子どもたちの手が動き始めます。しかもでき上がった作品は、面白いものがかなり多いのです。
たとえば、体の弱かったジャックが、雲の上にある道場で体を鍛えて帰ってくる話。また、お母さんの言いつけを守らないジャックが、雲の上の巨人に説教されて、すっかり良い子になる話。あるいは、貧乏だったジャックが、雲の上の国で商売を始めて、大金持ちになる話など、なかなか読んでいても楽しい力作でした。
子どもたちにとって、何もないところから物語を創り上げることは難しいですが、スタート地点(設定)と方向性(型)が与えられると、物語が創りやすくなるのでしょう。

「型」というと何か自由な創造性を奪うように感じますが、経験のない子どもたちには「型」は必要です。もし「成長の物語」の「型」に飽きたら、他の「型」(たとえば、欲張ったために貧乏になってしまう失敗の物語など)を増やしていけば良いでしょう。

最初にお話しした、読書の習慣があり、お話を作るのが上手なお子さまは、こういった「型」をたくさん持っているのです。そして本当に自由に「型」が使いこなせるようになると、いままでにないような「型」の物語を創れるようになるのだと思います。さらに物語を創るのが上手になったら、読む人に何かを訴えるような物語を創れるようになると良いでしょう。上の例で言えば、「勇気のすばらしさ」とか「努力の大切さ」でしょうか。

物語を創るのが苦手なお子さまには、ぜひ「型」という方向性を与えてみてください。またこのような練習は、物語文を読んでいる途中で、あとの展開を想像するのにもきっと役に立つと思います。

« 確定申告と定額給付金 | トップページ | 冬日向 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供想像力を高めるには:

« 確定申告と定額給付金 | トップページ | 冬日向 »