« 三浦三崎にて | トップページ | 防災の日 »

2008年9月 1日 (月)

オリンピックとソフトボール・野球

今日の名言

恋というやつは待つことを知らないもので、これがいったん若い男女の血の中にはいったが最後、はたのものが許してくれるまで待つなんてことがあったら、それこそ奇蹟というものだ。

ジョルジュ・サンド『愛の妖精』

0008tyokai1一塁後方十三米芋嵐 今坂柳二

さきごろの「朝日新聞」に「詩歌はスポーツに冷淡だ」という趣旨のコラムを書いたら、揚句の作者が四冊の句集を送ってくださった。全ての句の素材は、作者が打ち込んできたマラソンとソフトボールに関連している。

冷淡どころか、実に熱いスポーツ句集だ。しかも作者がはじめてソフトボールの球を握ったのは五十五歳のときだったというから、おどろかされる。やりたくても、家業の農業が忙しく、その年齢まで待たねばならなかったのである。七十八歳のいまも現役だ。

さて、揚句。いかにソフトといえども、一塁後方が十三米とはあまりにも狭すぎる。ソフトのホームベースと投手間の正式な距離が14.02米と知れば、なおさらその狭さがおわかりだろう。しかも狭いライトのすぐ後ろは里芋畑だ。

風の強い日で、芋の大きい葉がばたばたと煽られている。句からだけでは作者の立ち位置はわからないけれど、その芋畑は農業者の作者には絶対の聖域である。そのなかにボールが転々としても、興奮して飛び込み踏み荒らすことは絶対に許されない。打者ならば間違ってそちらに深く飛んでほしくはないだろうし、守備者ならば飛ぶなと願う。

でも、飛ぶ球はそれこそ風まかせだ。不気味に風が強まるたびに、作者の心はおだやかではなくなっている。そんな思いまでして、なぜソフトに打ち込むのか。そのような質問を単なる愚問としてしりぞけるのが、スポーツの魔力というものだろう。今年も芋嵐の季節がやってきた。『白球論』(2000)所収。(清水哲男)

今年の北京オリンピックの女子ソフトボールで、念願の優勝を果す事が出来た。しかし、ないと言えば、野球もそうである。世界的に見て競技人口少ないから仕方がないのか、2012年のロンドン大会ではすでに野球競技が除外されている。

前回の2004年アテネ大会後にすべての競技の評価が行われた。1)競技団体の組織の状況 ● 世界の競技人口 ●会場設置の経費 ●アンチドーピングの取り組み

などで、その総合評価とその後の状況を115人のIOC委員の投票によって決定される。

2016年の開催と競技は,2009年10月のIOC総会(コペンハーゲン)で、IOC委員投票によって最終決定される。現在の26競技の一部の見直しも含め、競技復活及び新規の6~7競技の中から、最終的に28競技が決定される。

2009年10月のIOC総会の前に、同年6月に開かれるIOC理事会で、総会に推薦される競技が審議される。このため競技復活活動はこの時点までに精力的に取り組む必要がある。

« 三浦三崎にて | トップページ | 防災の日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックとソフトボール・野球:

« 三浦三崎にて | トップページ | 防災の日 »