« 力士大麻汚染―大相撲自体がカド番だ | トップページ | 夜昼が逆転で働く人 »

2008年9月 7日 (日)

学力テストのこと

Hiland051NHKスタジオパークからこんにちは「暮らしの中のニュース解説」9月5日webより

今年の4月に全国の全ての小学校6年生と中学3年生を対象に行われた2回目の学力テストの結果が、先週の金曜日(8/29)に発表になった。

問題が難しくなって去年と成績の比較ができないが、今回の成績の特徴は、3つある。

1つは「知識を活用する力に課題」

2つめは「都道府県ごとに格差」

3つめは「学校の指導の成果はハッキリせず」

まず、活用力に課題であるが、テストは、従来の基礎知識を問う問題と、そうした知識を活用する力を問う問題とに分けて出題された。正答率を比較すると、知識を活用する力を問う問題は、基礎知識を問う問題に比べ大幅に低くなっている。読み書き計算といった、繰り返し学習をすることで身につくような知識はそれなりにできるが、文章を読んでそこから読み取ったことを基に考えるとなると途端に正答率が下がってしまう。

活用力とは、どんな問題なのかというと、小学校の算数で最も正答率の低かった問題であるが、ある町の農業生産額と作物別の割合を示した2つのグラフがある。これらのグラフから、ひろしさんが、1970年と2000年を比較して「米の割合が、60%から40%に減っているから、米の生産額は減っている」と言ったことが正しいのかどうかそのわけを聞いている。 P080905_02_011_2



ひろしさんは、右のグラフだけを比較して言っているが、米の生産額は、左の農業生産額に米の割合をかけなければ出ない。そうやって計算すると生産額は12億円から20億円に増えていることがわかり、ひろしさんは正しくない。

ところが、単純に考えて「正しい」と誤った答えをしたこどもが65%。「正しくない」と答え、キチンと説明もできたこどもは18%に過ぎなかった。実社会ではこの問題のように割合を聞かれたりすること多いのに今の子供達はそうしたことが苦手だということが分かった。

2つめの都道府県ごとの格差の問題は、というと。

文部科学省は「ばらつきは小さい」と格差には否定的であるが、平均正答率と±5%以上離れている。中学校数学の問題ではトップが72%、最下位が50%と大きな開きがある。また、上位と下位の順位が去年からほとんど変わらず都道府県ごとの格差が固定化しているのではないかと指摘されている。これに対して、文部科学省は、去年のテストで下位だったところも改善に努力しているが、上位だったところがそれ以上に伸びたためではないかと苦しい言い訳をしいる。

3つめは学校の指導の成果はハッキリしないということ。

文部科学省の専門家会議が去年のテストについて行った詳しい分析でも成績は学校の指導よりも家庭要因の影響をより大きく反映していると結論づけている。家庭要因とは家庭学習の時間であるとか、塾や宿題、テレビ・ビデオの視聴時間といったこと。今年は、質問項目を工夫して調べた。たとえば中学校の国語で書いたり、読んだりする習慣を身につけさせる授業に取り組んだ学校とそうでない学校とで正答率にほとんど差は見られなかった。結局、指導法によってどういった成果があるのか、浮かび上がらせることは出来なかった。

今後の課題というと、

実は特徴に上げた3点は去年とほぼ同じ内容である。分ったのはこれだけとも言える。そこで、まず必要なのは、テスト自体の検証であるが。難易度に差があっただけでなく、小学校の国語では解答時間が足りなかったと答えた割合が40%を超えている。こどもの学力が不足しているせいなのか、時間内に解かせるには難し過ぎるのか検証が必要である。2つめは、毎年全国一斉にテストを行う意味があるのか。その問い直しで、このテストは、教育の成果の検証と現場の指導の改善に役立てるために実施するとされているが、結果の検証が追いついていない。むしろ、都道府県ごとの順位の固定化や地方によっては市町村ごとの結果の公表を求める声が強まるなど、相対的な比較だけがひとり歩きしている。授業内容を規定する学習指導要領は教科ごとに到達目標を示し、こどもたち一人一人がその目標にたどりつけるような指導を求めているのに、それとは裏腹の方向となっている。ここはいったん毎年の実施を止めて、サンプル調査方式に戻すなり、何年かに1度の調査に変更して、もっとデータの詳細な分析、たとえば地域の経済や家庭が置かれている状況などと学力を関係づけて分析したりすることにこそ時間をかけるべきではないかという事である。

« 力士大麻汚染―大相撲自体がカド番だ | トップページ | 夜昼が逆転で働く人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学力テストのこと:

« 力士大麻汚染―大相撲自体がカド番だ | トップページ | 夜昼が逆転で働く人 »