« 豪雨で川が濁流となる | トップページ | 45~49歳の男性をターゲット »

2008年9月 2日 (火)

福田首相ー辞任

Natsu1突然の辞意表明、で新聞各紙がまたもや無責任な政権投げ出かれていた。各誌の見出しである。

首相辞任表明ーまたも無責任な政権投げ出し(毎日新聞)

あまりに唐突な政権の投げ出し劇である。福田康夫首相が1日夜、緊急記者会見し、退陣を表明した。12日から始まる臨時国会を前に退陣することについて首相は「新しい布陣のもとに政策の実現を図る」などと理由を述べたが、そのまま受け入れるわけには到底いかない。無責任政治はここに極まった。

首相辞任表明ー早期解散で政治の無理を正せ(朝日新聞)

あまりにも唐突に、福田首相が辞任を表明した。安倍前首相の突然の政権放り出しから、わずか1年足らず。自民党の首相が2代続けて自ら政権を投げ出すことになる。極めて異常、無責任としか言いようがない。野党第1党に政権を引き渡せという声が出ても不思議はない。それほどの事態だ。

福田首相退陣ー政策遂行へ強力な体制を作れ (読売新聞)

日本の最高リーダーが、またも、突然、政権の座から降りた。異常な事態である。自民党は、新たな総裁を早期に選び、後継首相の下、政治空白を最小限にとどめなければならない。

福田首相辞任・空白抑え強力な政権を・党利党略を超えた政権に戻せ(産経新聞)

福田康夫首相が辞意を表明した。8月2日に改造内閣を発足させたばかりであり、12日に臨時国会を召集すると言明しただけに突然の政権投げ出しは無責任の極みである。きわめて残念だ。

公明党に押されれて、臨時国会の召集日や期間など、解散時期の模索に奔走に巻き込まれた、来年1月を総選挙と設定するなど、福田首相の足元が揺らいでしまった。その上、内閣改造で大田農林水産大臣の事務処理の問題も福田政権の足を引っ張る結果となってしまった。

私は、衆議院を早く解散して、国民の真意を問う選挙をするべきと思う。

« 豪雨で川が濁流となる | トップページ | 45~49歳の男性をターゲット »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福田首相ー辞任:

« 豪雨で川が濁流となる | トップページ | 45~49歳の男性をターゲット »