« みんなの川の清掃デーと西瓜割り | トップページ | 学力テストのこと »

2008年9月 7日 (日)

力士大麻汚染―大相撲自体がカド番だ

L1朝日新聞社説より、(今朝、朝日・読売で取り上げている)北の湖理事長も辞任覚悟との報道もある。もうこれは許されない、理事長が辞めたからと言って、直る問題ではない。いわゆる日本全体のことである。どこの世界でも叩けば出る問題かも知れない

相撲協会というよりも、日本人全体の再教育(道徳)を文部科学省は、考えないといけない。

新弟子のリンチ死事件、横綱朝青龍の巡業すっぽかし問題……。不祥事続きの大相撲に、とんでもない汚点が加わった。今度は大麻汚染である。

8月、間垣部屋の若ノ鵬が大麻を持っていたとして逮捕されたのがきっかけだ。2週間後、抜き打ちの簡易検査で、大嶽部屋の露鵬と北の湖部屋の白露山にも大麻の陽性反応が出た。専門機関の再検査も陽性だった。

2人は大麻を持ったことも吸ったこともないと反論していた。周囲に吸う人がいる場所にもいなかったという。再検査の結果後も、露鵬は「やっていない」と否定した。しかし、再検査したのは世界的にも認められた専門施設だ。疑惑は深まったというしかない。

今回の抜き打ち検査は、幕内と十両が対象だった。若ノ鵬の事件が彼一人の問題であることを明らかにするのが狙いだったが、結果は逆になった。早急に幕下以下全員の検査が必要だ。

リンチ死事件を契機に、「師匠への指導と、力士の土俵内外の生活改善が必要だ」という指摘を受け、角界は対策に動き始めたばかりだった。それにもかかわらず、強い危機意識が感じられない。

なかでも日本相撲協会の最高責任者である北の湖理事長の言動は、とても理解できるものではない。

過去の問題では「弟子の教育は師匠の責任」と繰り返してきた。今回、自ら師匠としての責任があるにもかかわらず、「本人がやっていないといっている」の一点ばりだ。客観的、科学的な検査の結果を真剣に受け止め、協会自ら真相の解明に当たろうという積極的な姿勢がみえない。

北の湖理事長ら幹部を除く親方たちが急きょ集まり、早急な対策を求めたのも当然だ。もはや現体制の下で改革は望めない。人心を一新すべきだ。

理事長はもっぱら横綱や大関経験者から選ばれてきたが、スポーツの才能と組織運営能力とは同じではない。責任感と柔軟な思考を持つ人材を広く探すべきだ。相撲協会の外にこそ求めた方がいい。

トラブル続きの背景には、旧態依然とした部屋制度と師弟関係もある。

大麻問題の3人はロシア・北オセチア出身の幼なじみだ。外国出身力士は体格や運動神経に恵まれている半面、多くは日本社会の基本的なルールや習慣さえ身につける間もなく出世してしまう。

日本人の力士も、育つ環境やその気質は昔と大きく変わった。

形式化した相撲教習所での半年間の新弟子研修期間を大幅に延ばし、プログラムを一新させるといった大胆な改革が待ったなしだ。

このままでは、秋場所はしらけたものになりかねない。角界は両足が徳俵まで追い込まれている。

« みんなの川の清掃デーと西瓜割り | トップページ | 学力テストのこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力士大麻汚染―大相撲自体がカド番だ:

« みんなの川の清掃デーと西瓜割り | トップページ | 学力テストのこと »