« 事故米のこと | トップページ | 自分自身を客観的に見ることができる »

2008年9月10日 (水)

ブラジル人の思い出

今日の名言

惚れきっていてしかも疑い、あやしみながらしかも愛さずにおれぬ男はなんという呪われた月日を過ごすことでしょう!シェイクスピア『オセロウ

07bonchi_asayake_kumo11ブラジルに珈琲植ゑむ秋の風 萩原朔太郎

おそらく俳人はこういう俳句は作らないのだろう。「詩人の俳句」と一言で片付けられてしまうのか? ブラジルへの移民が奨励され、胡椒や珈琲の栽培にたいへんな苦労を強いられた人たちがいたことはよく知られている。

1908年、第一回の移民団は八百人近くだったという。今年六月に「移民百年祭」が実施された。四十年近く前、私の友人の弟が胸を張り、「ブラジルに日の丸を立ててくる!」と言い残してブラジルへ渡った。彼はその後日本に一度も里帰りすることなく、広大な胡椒園主として成功した。

ところで、珈琲は秋に植えるものなのか。朔太郎にブラジルへ移民した知人がいて、その入植のご苦労を思いやって詠んだものとも考えられる。「ふらんすへ行きたしと思へども/ふらんすはあまりに遠し」と詩でうたった朔太郎が、フランスよりもさらに遠いブラジルに思いを馳せているところが愉快。

遠い国「ブラジル」と「珈琲」のとり合わせが、朔太郎らしいハイカラな響き生んでいる。そういえば、「珈琲店 酔月」というつらい詩が『氷島』に収められている。朔太郎の短歌四二三首を収めた自筆歌集『ソライロノハナ』が死後に発見されているが、俳句はどのくらい作ったかのか寡聞にして知らない。

友人室生犀星に対して、朔太郎は「俳句は閑人や風流人の好む文学形式であって同時に老成者の愛する文学」である、と批判的に書いた。犀星は「俳句ほど若々しい文学は他にない」と反論した。朔太郎が五十歳を過ぎたときの句に枯菊や日々にさめゆく憤りがある。まさしく「老成者」の文学ではないか。『文人俳句歳時記』(1969)所収。(八木忠栄)

ブラジル移民百年である。私が勤めていた会社の職場に、派遣労働者が沢山いた。その中にブラジルから来た人が何人か働いていた。名前は、佐藤さん、山本さんのようの日本名である。そして全く日本人である。違うのは言葉が、旨く話せない のである。

15年前の事である。その頃の会社では、忙しく残業・残業の連続で人手不足であった。だから、働いてもらっていたのだろう。その時代のブラジルは、逆に不景気で、仕事がなく、日本に職を求めて、やってきたのだろう。仕事を覚えること、真面目に仕事をするなどは、日本人となんら変わりはなかった。

今、BRICsの世界経済の隆盛で大きなうねりとなって、G8も相当に気を使わなければならない国となった。特に穀物の輸出国のブラジルの動きは世界経済を左右するくらいの大きな存在となっているようである。たった10年・15年である。まさしく激動の世界経済である。

それにしても、あのブラジル人はどうしたかなあ・・・。

« 事故米のこと | トップページ | 自分自身を客観的に見ることができる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル人の思い出:

« 事故米のこと | トップページ | 自分自身を客観的に見ることができる »