« 最近テレビで食べ物の番組が多くなったと思いませんか | トップページ | ドル供給:日米欧、計65兆円 資金繰り逼迫に対応 »

2008年9月30日 (火)

人間の体と水分

今日の名言

啓蒙とは、人間が自分の未成年状態から抜けでることである。

カント『啓蒙とは何か 他四篇』

Shiraito_fujinomiya1人間は水のかたまり曼珠沙華 松尾隆信

人体の化学成分比率は水分が60%、組織が40%であるという。新生児には80%だったという水分量を聞くと、大人になったことで失ってしまったさまざまな潤いが数字に表れているようにも思う。

それでもやはり、人間の半分以上は水なのだ。考えたり、悩んだり、いらついたり、右往左往する水のかたまりを、作者はわずかに苦笑しつつ、愛おしく感じているのだと思う。そして曼珠沙華も人臭い花である。

法華経に「摩訶曼珠沙華」として登場し、サンスクリット語で 「マカ」は「大きい」、「マンジュシャカ」は「赤い」を意味するありがたい花のはずなのだが、有毒であったり、鮮紅色が災いしたりで「死人花」「捨て子花」「幽霊花」など因果を強く感じさせる別名を持つ。

さらに枝葉を許さぬ花の形が、だんだん人間の姿となって、かたまり咲く曼珠沙華が冠を載せた人の群れのように見えてくる。渚より先へは行けず赤とんぼ〉〈鯛焼の五匹と街を行きにけり〉『松の花』(2008)所収。(土肥あき子)

人間の体の60%は水分!大切な体内の水の循環

人間の体の約60%は水分。体内の水分の多くは、汗や尿で排出される。失われた水分を補給し、体内でスムーズに水を循環させることで、健康な状態を維持できる。

口から入った水は食道と内蔵を通って、まず腸で吸収される。そして、血液に混ざって、毛細血管を通り、脳まで運ばれる。さらに血液は、酸素や消化器から吸収された栄養素を、体の隅々の細胞まで運ぶ。
血液の約60%は液体成分なので、体内の水分が不足すると、たちまち血流が悪くなってしまう。

体内の循環を正常に保つためには、1日2~3リットルの水分補給が必要である。水分の多い食事から約1リットル前後、飲料から約1.2~1.5リットル摂取するのが平均的な量。ミネラルウォーターで、水分をしっかりとることである。
(参考:『トコトンやさしい水の本』谷腰欣司著(日刊工業新聞社)/『ミネラルウォーターで生まれ変わる』早川光著(マガジンハウス))
私は寝る前に、必ず水分を取って寝るようにしている。そして枕元にペットボトルを用意し、トイレに起きた時、飲むようにしている。ペットボトルは、大き目のもの地震などの災害時に何か役に立つと思う。

« 最近テレビで食べ物の番組が多くなったと思いませんか | トップページ | ドル供給:日米欧、計65兆円 資金繰り逼迫に対応 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の体と水分:

« 最近テレビで食べ物の番組が多くなったと思いませんか | トップページ | ドル供給:日米欧、計65兆円 資金繰り逼迫に対応 »