« 早くも初冠雪の立山 | トップページ | 人間らしく臨終を迎えられるためには »

2008年9月28日 (日)

月夜舟

今日の名言

彼らに取って絶対に必要なものは御互(おたがい)だけで、その御互だけが、彼らにはまた充分であった。彼らは山の中にいる心を抱(いだ)いて、都会に住んでいた。

夏目漱石『門』

07oomori__kiri_ike11人下りしあとの座布団月の舟 今井つる女

座布団から下りただけなのですから、数センチの高さのことなのでしょう。しかし、読んだときに思い浮かべたのは、もっと大きな、ゆったりとした動きでした。それはたぶん、「舟」という乗り物が、最後にでてくるからなのです。

「人」「月」「舟」、放っておいてもロマンチックな空想へいってしまう言葉たちを、「座布団」が中心にどしりと座り込んで、現実とつなげているようです。それでも依然として句は、人をどこか未知の世界へ運んでくれています。人が座っていたあとの、なだらかなへこみが、舟のかたちをしていると詠っているのでしょうか。

あるいはへこみから視線を上空へ向ければ、夜空に舟の形をした月が浮かんでいるということなのでしょうか。かぐや姫を持ち出すまでもなく、あるいは魔法の絨毯に言及するまでもなく、句には、どこか異世界のにおいのする素敵な光がみちています。ここから自由にどこへでも、わたしたちは漕ぎ出してもいいのだと。『合本俳句歳時記 第三版』(2004・角川書店)所載。(松下育男)

「月夜舟」が、思い出される。

       それにしても古い歌だなあ・・・

      藤浦洸 作詞  古賀政男 作曲

おおいそこ行くのぼり船 今夜は月夜だ何処行きだ え
船底一ぱい荷を積んで 釜石行きだよ 追い風だよ 追い風だよ
 
おおい入り船くだり船 今夜は月夜だお泊りか え
積荷をしっかり上げたらば 笛吹く間もなく ひき返し ひき返し
 
帆づな ともづな 心づな 月が良いとてゆるめなよ え
船は木造り 木の柱 腕はくろがね 気は勇む 気は勇む

« 早くも初冠雪の立山 | トップページ | 人間らしく臨終を迎えられるためには »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月夜舟:

« 早くも初冠雪の立山 | トップページ | 人間らしく臨終を迎えられるためには »