« 環境問題は喫緊の政治課題だが・・・ | トップページ | 「好戦的な民族主義者」 »

2008年9月27日 (土)

彼岸になると夜が長く感じてくる

今日の名言

はづかしきもの 色このむ男の心の内。

清少納言『枕草子』

05detohama11ページ繰るとき長き夜の新しく 蔦 三郎


おもしろい本を夢中で読んでいる時思わず、どの位まで読んだんだろうと、残っているページの厚さを確かめてしまうのは、子供の頃からの癖だ。

引きこまれるように読みながら、残りが半分を切っていると、このわくわくした楽しい時間がもうすぐ終わってしまう、と残念な気分になりながら、それでも早く先が読みたいし、小さいジレンマに陥るのだ。

「長き夜」(夜長)は、暦どおり実際に夜が短い夏の「短夜」に対して、春の「日永」同様心情的な言葉だが、確かにこのところ、暗くなるのがめっきり早くなった気がする。過ごしやすくなり寝苦しいこともなくなってくると、かえって目が冴えてしまうものだ。

この句の作者もそうなのだろう、かすかな虫の声につつまれながら、読書に耽る幸せな夜を過ごしている。本を読むことでしか得ることのできない、自分だけの空想の世界が、新しく、の一語でどこまでも広がってゆくようだ。『薔薇』(2007)所収。(今井肖子)

 彼岸とは

1.太陽が真東から昇り、真西に沈む日

涅槃の世界を、「西方浄土」と呼ぶことがあるとおり、阿弥陀仏の極楽浄土は「西」にあるとされています。そのため、真西に太陽が沈む春分の日、秋分の日は夕日が極楽浄土への道しるべとなると考えられたのです。
この日沈む太陽が示す極楽浄土への道を「白道(びゃくどう)」といい、仏の示してくれたこの白道を信じて進めば必ず極楽浄土に至ると言う信仰が生まれました。この信仰は、浄土思想が盛んになるのと軌を一にして広がって行き、現在に至っています。

2.昼と夜の長さが同じ日

仏教の説くところの「中道」の精神を昼夜を二分すると言う点で、春分の日・秋分の日があらわしていると考えた。(春分・秋分の日の日の出から日の入りまでの時間を計算してみると、実際は同じになりません。)

宗教(仏教)も太陽の動きからの流れで発展した考えで今日の仏教があるのだと思う。

« 環境問題は喫緊の政治課題だが・・・ | トップページ | 「好戦的な民族主義者」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸になると夜が長く感じてくる:

« 環境問題は喫緊の政治課題だが・・・ | トップページ | 「好戦的な民族主義者」 »