« 彼岸になると夜が長く感じてくる | トップページ | 早くも初冠雪の立山 »

2008年9月27日 (土)

「好戦的な民族主義者」

0008tyokai1ここまで言うか、誤解では済ませられない発言である。ある報道では、総裁選の第一声に、「下々のみなさん」と言ったそうだ。

「麻生氏は好戦的な民俗主義者 NYタイムス社説、不穏当な表現乱発」

今朝の産経新聞は報じている。船出そうそうに、麻生太郎首相の発言は聞いた人の中には「ただ事ではない」と感じる人もいると思う。

25日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、首相に就任した麻生太郎氏について、「好戦的な民族主義者」で「日本の植民地支配を称賛した」と決めつけるなど、不穏当な表現をちりばめた社説を掲載した。

社説のタイトルは「タロー・アソウの復活」。麻生氏を「(中国などの)隣国では好戦的な民俗主義者としてよく知られている」と紹介し、「外相時代には日本が植民地支配下で行ったことを称賛し、第2次大戦での残虐行為を正当化し、中国を危険な軍事的脅威と表現して中国、韓国との関係を損ねた」と批判した。

そのうえで「日本の将来は最大の貿易相手国である中国、韓国、急速に発展する他の近隣諸国との政治、経済関係の強化にかかっている」と麻生氏を牽制(けんせい)した。さらに「米国が最も必要としているのは責任ある戦力的パートナーとしての日本であって、アジアから怒りを買うような帝国主義を空想し、力を誇示するような政府ではない」とクギをさし、「隣国を対等に扱い、民族主義を現実主義に入れ替える必要がある」と“進言”した。

一方、「日本は小泉純一郎元首相が着手した市場改革を仕上げ、経済の近代化を図る必要がある。外交政策は隣人と対等につきあうことで近代化を図る必要がある。麻生氏がこうした手法を取れるほどに現実主義的であれば、首相として成功するだろう」と挑戦的な言い回しで締めくくっている。

「下々のみなさん……」と呼びかけたのは麻生太郎首相だったそうだ。国民の目線ではない。真意はなんだろう「何様なんだ?」

「麻生太郎『おぼっちゃま』耐えられない軽さ」この方の「軽さ」はどこからくるものなんだろう。

「品のいいボンボンと見られることを嫌がって、わざと悪ぶる」、「話は面白いけど、どれも誰かの受け売りで、自分で考えて理論構築していない」のでは・・・疑ってしまう。

« 彼岸になると夜が長く感じてくる | トップページ | 早くも初冠雪の立山 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「好戦的な民族主義者」:

« 彼岸になると夜が長く感じてくる | トップページ | 早くも初冠雪の立山 »