« 自民党総裁選真っ只中 | トップページ | ミドリムシが地球を救う!? »

2008年9月17日 (水)

FRB救済策を発表

15401ポールソン財務長官も高く評価してる。

FRBとは、Board of Governors of the Federal Reserve System(またはThe Federal Reserve Board)の略称で、日本語では「連邦準備(制度)理事会」と呼ぶ。議長は、ベン・バーナンキ議長である。

NHKにwebより、アメリカの金融市場の混乱が続くなか、経営危機がささやかれていたアメリカ最大手の保険グループ「AIG」に対し、アメリカの中央銀行にあたるFRB・連邦準備制度理事会は、850億ドル・日本円にしておよそ9兆円を融資する異例の救済策を急きょ発表しました。

FRBが16日発表した救済策は、AIGの資産を担保に最大850億ドル、日本円にしておよそ9兆円の融資を行うとしています。同時に、アメリカ政府はAIGの株式のおよそ80%を握るとしており、巨額の融資と見返りにAIGを事実上、公的管理下に置く内容となっています。

中央銀行が保険会社に対し巨額の融資を通じて異例ともいえる救済に乗り出す理由について、FRBは「AIGが破たんすれば、金融市場をさらにぜい弱にする可能性があった。この融資によって、AIGが必要に応じて事業を売却することを後押しし、経済全体への影響を最小限にできる」と説明しています。

民間金融機関の救済に消極的だったアメリカの金融当局が、今回、AIGの救済に踏み切ることになった背景には、日本をはじめ海外でも複数の事業を展開する巨大保険グループが経営破たんに追い込まれるような事態になれば、世界の金融市場の混乱がさらに拡大すると判断したことなどがあるとみられます。

FRBから巨額の融資を受けることになったAIGは、16日、コメントを発表し、「アジア地域を含むAIGの保険事業は通常どおり営業し、十分な資本をもって保険契約者への義務を果たしていく」と強調しています。

また、AIGは、世界各地にある傘下の保険会社について、「各国の監督当局が必要と定める以上の十分な資本をもっている」として、市場の不安を和らげようとする姿勢を打ち出しています。さらに、「とりわけ長い間サービスを展開してきたアジア市場は、AIGにとって成長のカギだ」として、今後もアジアでの業務を重視していく方針を示しています。

« 自民党総裁選真っ只中 | トップページ | ミドリムシが地球を救う!? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FRB救済策を発表:

« 自民党総裁選真っ只中 | トップページ | ミドリムシが地球を救う!? »