« 北朝鮮の危機? | トップページ | 公定歩合のコントロールで経済活性化 »

2008年9月11日 (木)

龍蛇無鱗(りゅうにへびのうろこなし)

041福田康夫首相のマガジンが本日11日に送られてきました。その内容は、読者の皆様からいただいたメルマガについての感想の中からの一部であるが、記してみる。

龍蛇無鱗(りゅうにへびのうろこなし) 4文字熟語ではない。意味は、弘法大師の『般若心経秘鍵』に曰く「龍之蛇鱗有るが如し」とこれは「龍に蛇とに鱗があるからといって両者が同じでないように、般若心経と大般若経に同じような文面があるからといって、同じ物とはいえない」ということかな。。。

一枚のうろこ。福田康夫です。

「龍蛇無鱗」、大変よいことばを教えていただきました。政策というよりは、むしろ福田総理ご自身の生きかたに反映されていることばなのではないでしょうか。これからも龍であり続けていただきたいと思います。
福田首相が一枚のうろこに書かれたような政治姿勢であるとは考えられません。政治家がアフガンで無念の死を遂げた伊藤さんのような志を少しでも持っていたら日本の政治は良くなると思います。
福田総理の苦悩と国民への配慮が窺えます。人は決して完全では無いという、ごく基本的な事を忘れているのではないかなとよく思います。重箱の隅を突付く様な事ばかりし他者を蹴落とそうとしないで、もっと協力し合って良い国づくりをして頂きたいものです。
福田首相閣下、貴方は龍のおつもりですか。おとなしく見守るだけで、何もアクションを起こさない龍ですね。龍だと思っているが実はただの蛇だった。そのように見えるのは私だけでしょうか。
今回号の「一枚のうろこ」はわかりやすい言葉でよかったとおもいます。難しい言葉よりもわかりやすい言葉で首相の思いを書いてください。これからもお体をいたわって頑張ってください。
今回の総理のメッセージのように含蓄のある故事成語を紹介してくれると総理の真意がより一層受けとめられやすくなります。これからも楽しみにしています。
いくら立派にみえる政策でも、そこにひとつの嘘があれば、国民の目をごまかすことはできないという龍蛇無鱗のお話は確かにそうですが、現実問題、完璧な政策はありません。一人でも多くの国民が幸福になれる最善の政策を実行願います。
派手さはなくても良い。でも、商品にたとえるならウインドウやチラシなど知らしめる手段がないと人に伝わりません。良い政策なら、人の心に訴える演出も必要なのではありませんか?「龍蛇無鱗」はすばらしい。でも、心に残るひと言が国民を動かすのです。
「一枚のうろこ。」総理就任以来初めて総理の心情を聞かせてもらいました。メルマガでは無く、閣議や記者会見など他の公の場での意思表示をしてもらいたい。一人秘かに思っているだけでは国民と信頼の共有の仕様がありません、是非御一考を。
名言を述べるより実際の政策実行を心掛けよ。言うだけなら誰でも言えるぞ。
福田さん、龍蛇無鱗の言葉が好きなら各大臣、主要官僚たちに徹底的に鋭い国民目線を意識させてください。相変わらず大臣発言や官僚不正が絶えません。レベルの低い事に時間をとらず、国民のためにきっちりした姿勢と政策と日限を決めて行動してください。
福田総理の「龍に蛇の鱗なし」を読み、国民の目線で見ようとしておられる事は良く判りました。しかし、ただ見ているだけでは何にもなりません。即実行を強く要望します。
一枚のうろこですか…事務所費問題などきちんと嘘がなく国民に説明して欲しいですね。安全と安心と信頼なんて今の政府にはほど遠いかと思います。

龍蛇無鱗・・・立派な内閣の閣僚の中にヘビの鱗みたいな感じの農水相問題。これでは国民の信頼は失われます。・・・・云々と。

政治家とは、国民の生活と利益守る。安心安全を保障することである。自分の信念を貫く人は、当然敵が出来る。権力で、ことを進め進めて仕舞おうとすれば必ず妨害する人間が現れる。確かに偽りがあっては、人は信用できない。無我の境地で事を運ばないといけない事も大事なことだ。

しかし、権力者になるには、自分の考えている事をしっかり伝えることが必須条件となってくる。

« 北朝鮮の危機? | トップページ | 公定歩合のコントロールで経済活性化 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍蛇無鱗(りゅうにへびのうろこなし):

« 北朝鮮の危機? | トップページ | 公定歩合のコントロールで経済活性化 »