« 人間らしく臨終を迎えられるためには | トップページ | 研究船“みらい”が探る北極の未来 »

2008年9月28日 (日)

国交相辞任でも早期解散

24191『麻生丸、厳しい舟出』である。

NHKのwebニュースより、28日に放送されたNHKの「日曜討論」で、与党側は、中山国土交通大臣の辞任という事態を受けても、早期に衆議院の解散・総選挙を行う戦略に変わりはないという考えを示し、民主党も、早く国民の信を問うべきだと訴えました。

この中で、自民党の細田幹事長は、衆議院の解散・総選挙に関連して「麻生総理大臣が、経済や地方対策などを国民にしっかり訴えれば、支持率はさらに上がってくると思う。前回の衆議院選挙から3年を超えており、節目で信を問うのは当然だ」と述べました。

公明党の北側幹事長は「衆議院選挙で信任を得た内閣でなければ政策の実行はなかなかできず、できるだけ早い時期に国民の信任を問うべきだ」としたうえで、中山国土交通大臣の辞任という事態を受けても、早期に衆議院の解散・総選挙を行う戦略に変わりはないという考えを示しました。

民主党の鳩山幹事長は「中山大臣の辞任で選挙ができないという与党側の党利党略は許されない。早く衆議院を解散し、どの政権を国民が望んでいるのか判断を求めるべきだ。民主党政権を作るために万全の体制で選挙に臨んでいく」と述べました。

共産党の市田書記局長は「今の政権が大企業を優遇し、アメリカ言いなりの政治を進めてきた結果、雇用は破壊され、暮らしと経済の土台は崩れた。国民の暮らしと平和を守る立場で選挙を頑張り抜きたい」と述べました。

社民党の重野幹事長は「株主への配当や経営者の報酬は上がっているのに、労働者の賃金は横ばいか下がっている。国民の消費意欲を高めることで、経済を活性化させる政策に転換することを訴えたい」と述べました。

国民新党の亀井久興幹事長は「選挙で政権交代を実現し、郵政民営化の見直しを図りたい。また、大企業や富裕層のみが豊かになり、その分、大勢の人が苦しくなっており、1億総中流社会の再構築を目指したい」と述べました。

総選挙は11月2日?・9日?確かに11月4日にアメリカの大統領選挙がある。もし民主党のオバマ候補が当選したら、その影響は日本の政界にも出るだろう、との自民党の執行部にあるらしい。

それにしても、日本の政治の歴史を汚す,政権樹立4日目でこんな形で辞職とは、任命責任を問われても仕方がない。国会議員の中でこんな人がいるなて、なんとも恥ずかしい。

中山成彬国交相は、就任四日目で辞任で、官房長官が兼務という処置をとった。果たして国民の評価は・・・。

« 人間らしく臨終を迎えられるためには | トップページ | 研究船“みらい”が探る北極の未来 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国交相辞任でも早期解散:

« 人間らしく臨終を迎えられるためには | トップページ | 研究船“みらい”が探る北極の未来 »