« 秋の海 | トップページ | 加速器始動 宇宙の謎解きに期待する »

2008年9月13日 (土)

毎度の不適切な発言

06oga_toga11これは、どうも民意を無視したもので、農林水産大臣の立場である「発言」ではない。総裁選から、解散総選挙のシナリオの国会であるが、この前の事務処理の問題とこの発言で福田首相の任命責任が問われることになり、政府・自民党に対する影響は免れないだろう。

「毒餃子に比べればたいしたこがない」大田農水大臣の発言で怒り爆発

j-castニュースより残留農薬や毒カビに汚染された「事故米」が食用に転売されていた事件で、酒造メーカーや米菓子メーカーのほか、2008年9月11日には老人ホームや病院の患者の食事、12日には幼稚園の給食にも使われていたことが分かった。しかし、08年9月12日に記者会見に現れた太田誠一農水相は、緊張感のない笑顔を浮かべ、「焼酎は(毒が)無害化されることもある」「ギョーザ事件と比べれば60万分の1の量」などと「他人事」のように発言。ネットでは「発言自体が信じられない!」と、農水省や太田農水相に対する怒りが爆発している。

 笑顔で「他人事」のような記者会見

08年9月12日放映のテレビ朝日系ニュース「スーパーJチャンネル」によると、太田農水相の記者会見はこんなものだった。記者から、いつまでにこの問題を解明するつもりなか、と質問されると、「(大臣としての)任期も迫っておりますので、早くやりたいと・・・」

と笑みを浮かべた。「事故米」が食用として流通したことを見抜けなかった農水省への批判が日増しに増加する中、「太田農水相はどこか他人事(ひとごと)。その表情には『笑顔』さえ浮かんでいた」と「Jチャンネル」は伝えた。

さらに、この日に配信された時事通信の記事には、「事故米に含まれる殺虫剤メタミドホスの濃度が『(中毒事件が起きた)中国製冷凍ギョーザの60万分の1と極めて低い』との認識も示した」と書かれている。つまり、毒ギョーザよりも人体への被害が少ないから、あまり騒いでも意味がない、という事らしい。

「焼酎は製造過程で無害化されることもある」

さらに、酒造メーカーが焼酎に「事故米」を使わされ、全商品を回収する騒ぎの真最中にもかかわらず、「焼酎は製造過程で無害化されることもある」(同日の産経新聞電子版)

と発言。そして、前日に発覚した老人ホームや病院での「事故米事件」について、太田農水相が報告を受けた日時も曖昧だった、と産経新聞は書き、「農水省の情報開示の遅れとともに、状況認識の甘さも露呈した」と批判した。

こうした報道にネットでは、「発言自体が信じられない!」といった雰囲気になっている。ネット上の掲示板やブログを検索すると、「だから毒を入れてもいいのか?」「完全に国民の敵だろこれ?」「さすが『集団レイプする人は元気があるからいい。正常に近い』の人だな」などというカキコミが並んでいる。

« 秋の海 | トップページ | 加速器始動 宇宙の謎解きに期待する »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎度の不適切な発言:

« 秋の海 | トップページ | 加速器始動 宇宙の謎解きに期待する »