« 脳科学者茂木健一郎さん | トップページ | バラマキ復活? »

2008年7月30日 (水)

蓮と睡蓮

今日の名言

慣習であるが故にこれをなすという人は、何らの選択をも行なわない。

J・S・ミル『自由論』

Aaoooogaha1酔ひふしのところはここか蓮の花 良 寛

蓮の花で夏。「ところ」を「宿(やどり)」とする記録もある。良寛は酒が大好きだったから、酒を詠んだ歌が多い。俳句にもほろ酔の足もと軽し春の風」「山は花酒や酒やの杉はやしなどと詠んだ。酒に酔って寝てしまった場所というのは、ここだったか・・・・。

傍らには蓮の花がみごとに咲き香っている。まるで浄土にいるような心地。「蓮の花」によって、この場合の「酔ひふし」がどこかしら救われて、心地良いものになっている。良寛は庵に親しい人を招いては酒を酌み、知人宅へ出かけては酒をよばれて、遠慮なくご機嫌になった。そんなときぶしつけによく揮毫を所望されて困惑した。

断固断わったこともたびたびあったという。子どもにせがまれると快く応じたという。基本的に相手が誰であっても、酒はワリカンで飲むのを好んだ、というエピソードが伝えられている。良寛の父・以南は俳人だったが、その句に酔臥(よひふし)の宿(やどり)はここぞ水芙蓉があり、掲出句はどうやら父の句を踏まえていたように思われる。

蓮の花の色あいの美しさ清々しさには格別な気品があり、まさに極楽浄土の象徴であると言ってもいい。上野不忍池に咲く蓮は葉も花もじつに大きくて、人の足を止めずにはおかない。きれいな月が出ていれば、用事を忘れてしゃがんでいつまでも見あげていることのあった良寛、「ここ」なる蓮の花に思わず足を止めて見入っていたのではあるまいか。今年は良寛生誕250年。『良寛全集』(1989)所収。(八木忠栄)

蓮といえば睡蓮と混同しがちであるが、葉の違いで覚えておくといい。睡蓮も蓮も葉は円形である。でもよく見ると違う。睡蓮は基本的に葉に切り込みが入るが、蓮には入らない。

蓮と睡蓮は両方とも抽水(ちゅうすい)植物、水の底の土や泥に根を張り、水面(水上)に葉と花を展開する。また、花も同じ性質があり、日中に花びらが開き午後になると閉じる。(蓮と睡蓮では時間が少し違う)。これを3日繰り返して花の寿命は終わる。しかし、3日間の寿命だからといって心配は無用。夏場には次から次へと蕾が現れ毎日楽しめるという。(なるほど3日夜に眠る花だ)

近くにいる同級生が趣味で蓮を植えている。勿論大きな桶で花を楽しんでいる。風呂桶を利用したり、大きなポリ容器などに植えている。道路の通り縁にあり、通る人の目を楽しませている。

蓮根(レンコン)は蜂巣(ハチス)とも呼ばれるが,ハチスをかな漢字変換すると「蓮」となる。 ハチスは(蜂巣)で,花の終わった後につく実がついている部分が蜂の巣に似ているからだろう。

« 脳科学者茂木健一郎さん | トップページ | バラマキ復活? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蓮と睡蓮:

« 脳科学者茂木健一郎さん | トップページ | バラマキ復活? »