« 医療変える患者の語り | トップページ | 6カ国外相会議のこと »

2008年7月25日 (金)

農耕に牛馬

今日の名言

僕の存在には貴方(あなた)が必要だ。どうしても必要だ。

夏目漱石『それから』

023_2尾をふりて首のせあへり冷し豚 三条羽村

冷し豚。一瞬目を疑った。中華料理の話ではない。牛馬冷すの季題の本意は、農耕に用いた牛馬の泥や汗を落し疲労を回復させる目的で海や川に浸けてやること。田舎では以前はよく見られた。

だから農耕に具する家畜以外を「冷す」風景は見られてもそれを季題として用いる発想はいわゆる伝統俳句にはなかった、と思われた。ところがどっこい。この句、虚子編の歳時記の「馬冷す」の項目に例句として載っている。

「ホトトギス」というところは、「写生」を標榜しながら「もの」のリアルよりも季題の本意を第一義にしていると固く信じていた僕はたまげてしまった。「もの」のリアル。そのときその瞬間の「私」の五感で掴んだものを最優先するように教わってきた僕から見てもこんなリアルな作品はめったにない。

季題の本意をかなぐり捨てても、得られるもっと大きなものがあるというのはこういう句について言えること。広い豚舎の中か、放牧の豚の群れにホースで水をかけてやる。放水の下で群れるこれらの豚の愛らしさはどうだ。

現実をそのまま写すということの簡単さと困難さ、そしてその方法に適合する俳句形式の間尺ということをつくづく考えさせられた。作者と編者に脱帽である。虚子編『新歳時記・増訂版』(1951・三省堂)所載。(今井 聖)

そう言えば、今のように農機具は発達していなかった頃は、農耕に、牛馬が利用されていた。朝早くから、夕方遅くなるまで使われて、馬や牛も、大変だったと思う。ある日夕方どうしてもあるかな無くなった牛がいて、もう少しで終わると言うのに、ダダをこねてしまった。子供と見て馬鹿にしたのである。親父に一括に動き出し何とか終わる事が出来たのだが、牛とて疲れたり、嫌になってしまうことがあると、感じたのである。

牛車で遠くまで荷物を運ぶのも、人間で言えばべ弁当である。餌の桶を載せて、町まで、行ったものだ。夕方帰ってきて、井戸端で水を体にかけ、汗をぬぐってあげると気持良さそうにしていた。

むかしは、牛馬いないと農作業は、出来ないくらい貴重な存在であった。この句を見てそんな事を思い出した。

« 医療変える患者の語り | トップページ | 6カ国外相会議のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農耕に牛馬:

« 医療変える患者の語り | トップページ | 6カ国外相会議のこと »