« 親子の日 今こそきずなが問われている | トップページ | 断罪が導く地道な時代 »

2008年7月27日 (日)

暑さが続く

今日の名言

沈黙しているとき私は充実を覚える。口を開こうとするとたちまち空虚を感じる。

魯迅『野草』

0563001涼しさや寝てから通る町の音 使 帆

季語は涼し、夏です。夏そのものはむろん涼しくはありませんが、暑いからこそ感じる涼しさの価値、ということなのでしょうか。この句では、風や水そのものではなくて、町の音が涼しいと詠んでいます。

マンション暮らしの長いわたしなどには、到底たどり着くことの出来ないひそやかな感覚です。たしかにマンションの厚い壁に囲まれて暮らす日々には、町の雑多な音は届きません。

思い出せば子供の頃には、銭湯へ行く道すがら、開けっ放しの窓から友人の家の団欒がすぐ目の前に見えたものでした。一家で見ているテレビの番組さえ、すだれ越しに見えていた記憶があります。当時は家の中と外の区切りはかなり曖昧で、眠っている枕元すぐのところで、町の音はじかに聞えたものです。

この句を読んだときに印象深かったのは、書かれている意味でも、また音の響きでもなく、並んだ文字のたたずまいの美しさでした。実際、柴田宵曲氏の解説を読むまでは、省略された主語がどこにかかっているのかもはっきりとせず、句の意味を正確につかまえることができませんでした。

暑い夏の一日を終え、やっと体を横たえて眠ろうとしています。その耳元に、人々のそっと歩く足音が聞えてきて、その音の涼やかな響きにいつのまにか眠りへ誘い込まれてゆく。そんな意味なのでしょう。『古句を観る』(1984・岩波書店)所載。(松下育男)

 欄干は  驚くほどの  熱さなり

 草いきれ ここにも命  宿る虫

すだれ越しに、打ち水で涼を取る。老夫婦のだけの家から、テレビが映っていた。若い娘達がが浴衣姿で花火を見に出かけていった。雷雨があるのかと思ったが、とうとう降らなかった。昨日は、岐阜県の多治見市で気温39度という熱さとなったそうだ。

日中こげるような太陽の陽射しは痛く感じるほどだった。それでも草むらに潜んでいるキリギリスが、「ギーチョ・ギーチョ」と鳴き声が聞えた。住吉橋の欄干に手を添えて川上を眺めようとしたら、火傷をするほど熱かった。

10日以上熱帯夜が続き、いささか寝不足気味だ。水分補給を考えないといけない。

« 親子の日 今こそきずなが問われている | トップページ | 断罪が導く地道な時代 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑さが続く:

« 親子の日 今こそきずなが問われている | トップページ | 断罪が導く地道な時代 »