« 今日から夏休み | トップページ | 熱中症に気をつけたい »

2008年7月20日 (日)

下着の取替え

今日の名言

殿方って、お言葉はみんな似たり寄ったりで、実際になさることを見なければ、その違いがわかるもんじゃありませんわ。

モリエール『守銭奴』

15401胸に手を入れて農婦は汗ぬぐふ 佐藤靖美

かつて読んだ本の中に、こんなことが書いてありました。「「ゾウが汗だく」とか「ライオンが額に汗して……」なんて光景は、ついぞお目にかかったことがない。」そういえばそんなものかと思い、続きを読むと、なぜ人間以外の動物が、汗だくにならないかという理由が書かれていました。

いわく、「決定的な答えはひとつ。動物たちは、汗をかいてまで体温を下げなくてはならないようなことを、しないだけだ。」(加藤由子著『象の鼻はなぜ長い』より)。

さて、本日の句を読むまでもなく、人間は汗をかいてまで体温を下げなくてはならないようなことを、しているわけです。無理をしなければ生きていけないのが人間、ということなのでしょうか。

言うまでもなく、句中の農婦が汗をかいたのには、堂々たる理由があります。農作業中に「胸に手を入れて」汗を拭くという行為は、その動きの切実さゆえに、読者を感動させるものを持っています。

まっとうな行為としての重みと尊厳を、しっかりと備えているからなのでしょう。みっともないとか、見た目が悪いとかの判断よりもずっと奥深くにある、人間の根源的な営みを、句は正面から詠もうとしています。『角川 俳句大歳時記 夏』(2006・角川書店)所載。(松下育男)

いやー、この所に暑さには閉口してしまった。入梅明けという事もあって、その上外の作業が多いせいか?毎日、下着を取り替える件数が3回もしないと次の行動に移れない。そのたびにシャワーを浴びるのである。しかし、何もしないで冷房が効いた部屋でのんびりしていれば別だが・・・。

それだけ、元気に外で作業し、体を動かしていられるから、幸せである。

« 今日から夏休み | トップページ | 熱中症に気をつけたい »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下着の取替え:

« 今日から夏休み | トップページ | 熱中症に気をつけたい »