« 夏の雨 | トップページ | 蝉時雨 »

2008年7月 8日 (火)

サミット拡大か、縮小か?

154017日開幕した主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)を契機に、参加国の枠組みをめぐる論戦が本格化している。フランスや英国が、現行の主要8カ国(G8)では地球規模の問題に対処できないとするのに対し、日本や米国は現状維持を譲らない。米国では「先進民主主義国による会合」との原点回帰を求め、G8からロシア除外を主張する“純化論”さえある。日本も、拉致問題など自国が直接かかわる問題だけではなく、世界各地の人権や民主主義など「共通の価値」を積極的に取り上げていく構えだ。拡大か純化か、サミットは今、岐路に立っている。

 サミット拡大論に関しては、フランスのサルコジ大統領が中国やインドなど5カ国を加えた「G13」を主張しているほか、ブラウン英首相も中印の参加を唱えている。8日のG8首脳会合では、英仏両首脳が自由討議の場でこの問題を取り上げるとみられる。

 英仏両国が拡大論を主張するのは、主要議題となる地球温暖化や世界経済の問題で、中印などの経済新興国にも責任を負わせたいとの考えからだ。一方、米国はジョンドロー国家安全保障会議(NSC)報道官が7日、「(拡大論を)米国は支持しない」と明言した。日本も反対の立場だ。(産経web参考)

日米:英仏の意見対立のようだが、34回続いている現行(ロシアは後から)G7である。しかし時代は変わって、先進民主主義国だけで、地球環境や、経済、人権、などの問題を解決するのは難しいと思う。

中国・印度・ブラジル・メキシコ・南アなどを加えたフランスのサルコジ大統領の主張に賛成である。確かにアメリカの主張のように中国・印度が、温室ガスの排出などは発展途上国であっても、規制しないと意味がない。

民主主義国家だけでも意味がない。そうなると、イスラム国家などと、話は拡大してしまうが、その位、地球人が危機意識をもって、対応しないと問題は解決しないだろう。

« 夏の雨 | トップページ | 蝉時雨 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サミット拡大か、縮小か?:

« 夏の雨 | トップページ | 蝉時雨 »