« 下着の取替え | トップページ | 夏の花火 »

2008年7月21日 (月)

熱中症に気をつけたい

今日の名言

外国へ行く者が、よく事情を知らぬから、知らぬからと言うが、知って往こうというのが、善くない。
何も、用意をしないで、フイと往って、不用意に見て来なければならぬ。

勝海舟『新訂 海舟座談』

06oga_toga11暑うしてありありものの見ゆる日ぞ 今井 勲

作者は私と同年。昨夏、肝臓ガンで亡くなられたという。句は亡くなる前年の作で、何度も入退院を繰り返されていたが、この頃は比較的お元気だったようだ。が、やはりこの冴え方からすると、病若の句と言うべきか。暑くてたまらない日だと、たいていの人は、むろん私も思考が止まらないまでも、どこかで停止状態に近くなる。

要するに、ぼおっとなってしまう。でも作者は逆に、頭が冴えきってきたと言うのである。「見ゆる日ぞ」とあるから、暑い日にはいつも明晰になるというわけではなく、どういうわけかこの日に限ってそうなのだった。ああ、そうか。そういうことだったのか。と、恐ろしいほどにいろいろなことが一挙にわかってきた。

死の直前の句に「存命の髪膚つめたき真夏空」があり、これまた真夏のなかの冷徹なまでの物言いが凄い。「髪膚(はっぷ)」は髪の毛と皮膚のこと。

人は自分に正直になればなるほど、頭でものごとを理解するのではなく、まずは身体やその条件を通じてそれを果たすのではあるまいか。病者の句と言ったのはその意味においてだが、この透徹した眼力を獲得したときに、人は死に行く定めであるのだとすれば、人生というものはあまりに哀しすぎる。

しかし、たぶんこれがリアルな筋道なのだろうと、私にはわかるような気がしてきた。こういうことは、誰にでも起きる。遺句集『天樂』(2008・非売)

この処の連日の猛暑は、気象庁の天気予報では、猛暑の予報で、水分補給、帽子着用して、熱中症に気をつけるように付け加えている。でも、ニュースで200名ぐらいが病院に運び込まれているという。

私も、盆踊りの支度で、外にでる機会が多い、昨年も熱中症になった経験があり、気をつけたい。何しろ、昨日、今日と汗で下着を取替え3回である。

また、この3連休で、水の事故が多くなるだろう。気をつけてもらいたい。

« 下着の取替え | トップページ | 夏の花火 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症に気をつけたい:

« 下着の取替え | トップページ | 夏の花火 »