« 夏の花火 | トップページ | 医師不足と掛かりつけ医者 »

2008年7月22日 (火)

一点集中して

05detohama11一点集中し、盆踊り準備を行って来たが、昨年のデーターや、執行部の考え・周囲の意向などの参考しながら、最高のシチュエーションというか、ディレクターの役目が出来るかそのことだけに、一点集中した、1週間であった。

ディレクター次第で盛り上がりが左右され、毎年地域の交流・コミニケーション、など総合理解を深めるには、町内の催しの行事である、盆踊り・お祭りがお年寄りから子供まで参加し、楽しめるステージだと思う。

近年、核家族が進み、2世帯住宅が少なく、地域の連帯感が薄れてい行くのを、実感せざるを得ない。

地域に住んでいる方には、同じ悩みがあり、要望・不満は同一であると言うことの意思統一が題であると思う。従って、普段からよく挨拶から、悩み相談、井戸端会議などが大事である。

盆踊り一つを取っても、今の時代に合わせた、生まれ育った故郷を見直し、本当の心の故郷とは、懐かしい、郷土の山や川での暮らしがあったから、今が生きられることの認識を高める内容にしたい。

そんな思いであった。その結果、天候にも恵まれ、二日間の行事「盆踊り大会」は無事に終了し、当日の買出しの清算をして、ほっとする。ちょっと風邪で、辛く本当に疲れた。

「張り詰めた糸は切れやすい」というけれど、弛みを持つことも考えないといけないと反省する。

« 夏の花火 | トップページ | 医師不足と掛かりつけ医者 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一点集中して:

« 夏の花火 | トップページ | 医師不足と掛かりつけ医者 »