« やばいぞ日本 | トップページ | クリスマスと孫 »

2007年12月24日 (月)

薬害肝炎の被害者全員を一律に救済

今日の名言

「女性というものは、銀の皿だよ」と彼はいった、「そこへ、われわれ男性が金(きん)の林檎をのせるのさ。」

エッカーマン『ゲーテとの対話』(中)

0107ukisima11

私は自民党総裁として、薬害患者の方々を全員一律に救済するため、議員立法を決めた」

 いったんは一律救済を拒んだのに、なぜ3日後に心変わりしたのか。かたくなな政府の姿勢に批判がやまず、手をこまぬいているわけにはいかなくなったのだろう。急落した内閣支持率に歯止めをかけたいとの思惑もあったに違いない。(朝日新聞の調査では31㌫まで急落した)

 そうした思惑や、決断が遅すぎた面はある。本来は、議員立法ではなく、政府が決断すべき問題だ。とはいえ、今回の方針転換が患者の早期救済に結びつくものであれば、良いのではないか。

しかし、一律救済については自民、公明両党が了承済みといわれるほか、民主党もかねて主張していたところだ。たまたま会期が延長され、越年国会となっていることも好都合だ。原告側の要望を酌みながら、超党派で法案をスピーディーに練り上げ、可及的速やかな成立を目指してほしい。被害者の救済は、時間との競争であることを忘れてはいけない。

3点セットなどと言われるのも、厚生労働省、社会保険庁、防衛省をはじめとする省庁の官僚への不信感が社会に渦巻いていることと無縁ではない。福田首相はもともと官僚寄りと言われるが、閣僚には官僚の立場と一線を画し、厳正に指導力を発揮することが期待されている。今回の立法も官僚の立場に配慮して政府提案によらない選択をしたのだとすれば、疑問なしとしない。議員立法でも、政府が責任問題から逃れられるものでもない。

 福田首相は一律救済を決断した以上、薬害の責任も明確にすべきである。被害者だけでなく費用の負担を迫られる国民にも、政府として公式に謝罪して理解を求めなければならない。

首相の決断力とタイミングがいかに重要であるか、どうも、福田康夫首相は、官僚寄りと噂である。この事にめけず、政治決断を発揮して難問に当たって欲しい。

« やばいぞ日本 | トップページ | クリスマスと孫 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬害肝炎の被害者全員を一律に救済:

« やばいぞ日本 | トップページ | クリスマスと孫 »