« yesterday onse moreの思い出 | トップページ | 亥年の如く »

2007年12月12日 (水)

無理だと思った年金「名寄せ」

今日の名言

日本人は素描をするのが速い、非常に速い、まるで稲妻のようだ、それは神経がこまかく、感覚が素直なためだ。

『ゴッホの手紙』(中)

07oomori__kiri_ike11

安倍前総理の来年3月までに全て終らせると言っていた「名寄せ」は無理のようだ。どうも無理と分っていても、あれだけはっきりいうのは相当自信の裏づけが無ければ言えないことだと思っていたが・・・・

約5000万件の該当者不明の年金記録のうち、約4割が「名寄せ」作業による持ち主の特定が困難になっていることが11日明らかになり、野党から一斉に批判の声が上がった。

与党は7月の参院選で「3月までに名寄せを完了させる」と公約していただけに、野党は国会で徹底追及する構えで、舛添厚生労働相の辞任を求める声も上がった。

民主党の小沢代表は11日の記者会見で「公約違反であると同時に、国民の年金制度を維持管理している政府の責任は非常に大きい」と指摘。町村官房長官が同日午前の記者会見で「選挙なので『年度内にすべて』と縮めて言ってしまった」と述べたことについて、「国民をぼうとくし、責任を回避する、無責任な言い草だ」と厳しく批判した。

桝添厚労大臣は、「正直いって、ここまでひどいとは想像していませんでした。5合目まで順調だったが、こんなひどい岩山とアイスバーンがあったのかと率直にそういう気がします」。調査結果の感想を問われ、そう語った。

政府が照合を3月末に完了すると公約し、就任直後に「最後の一人まで探し出す」とした発言との整合性については、「3月末までにすべてを片づけると言った覚えはない。5000万件の名寄せをやらなかったら公約違反」と述べ、矛盾はないと繰り返した。

照合作業の期限を尋ねられると「エンドレスです。できないこともあります。」と記者に言っていた。

役人の保身はこの期に及んで、まだ続いているのだ。「言った、言わなかった」の問題ではなく、ここまでいい加減な処理をして、誰も責任をとらないで片付けて、「一件落着」は、許されない。公務員にも罰則規定はあるのだろう。ただ済みませんでしたで頭を下げれば、国民は納得なんかしない。

« yesterday onse moreの思い出 | トップページ | 亥年の如く »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無理だと思った年金「名寄せ」:

« yesterday onse moreの思い出 | トップページ | 亥年の如く »