« 雑草に思う | トップページ | 売家と唐様で書く三代目 »

2007年10月 1日 (月)

神無月になって

今日の名言

女の愛を恐れよ。この幸福を、この毒を恐れよ……

ツルゲーネフ『初恋』

  Sira81_2

木の根橋    みんな覗いて     秋の水    川島由子

  空ふかく      栗生れいづ      玉のごと       角川源義

  此道や       行人なしに        秋の暮          芭蕉

 安寧を   祈るばかりの  神無月

 虫食いの 柿葉に留まる  露の玉

季節の変わり目と言うかここ2.3日は天気がハッキリしない。今日も朝から小雨が降っていて、庭の草取りをして、どうも背中か冷たいと思って手を回したら、かなり濡れていた。

今朝方の2時21分、箱根で震度5強の地震があった。今日から、テレビ・ラジオで地震予知で知らせるシステムが、稼動するそうだ。一体地震の事前のお知らせの10秒~15秒でどれだけの行動が出きるかが問題である。震源地が近いと効果がないとか。

10月は、役所や会社では、後期の始まり。そして衣替えでもある。

日銀が1日発表した9月の企業短期経済観測調査(短観)によると、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は、代表的な指標である大企業製造業でプラス23と、前回の6月調査と同じだった。

アジア情勢では、北朝鮮の六ヶ国協議は、どうも北朝鮮の術中に嵌まりそうな感じだ。核廃絶は、アジア諸国の平和には必要だが、日本人の拉致の問題が置き忘れてしまうのでないかと心配である。

もう一つの心配の国、ミャンマーである。映像ジャーナリストの長井健司さんが軍事政権に反体して僧侶をはじめ、民衆のデモの取材中に至近距離で、銃弾に倒れて亡くなった映像が生々しく映し出された。早速藪中さんが、事情把握と調査を申しいれをするために、現地に飛んだ。

また、今日から130年以上にわたって国が行ってきた郵政事業が民営化されて、1日午前中、発足式が行われ、民間企業の「日本郵政グループ」としての業務が始まった。民営化によって、郵政事業は、持ち株会社の「日本郵政」の傘下で「郵便事業会社」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命保険」「郵便局会社」の4社に分割された。

新福田首相の国会もいよいよ、エンジンが始動する事になりこちらも目を離せない。特に『テロ特措法』の問題はどう民主党に対応するのだろう。注目しなければならない。「年金」「格差」の問題も大きな問題とである。

私的なことだが、我が家でも大きな心身の問題で心労が続きそうである。株・投資信託の値動きも心配である。

とにかく、誠実に落ち付いて問題を一つ一つ解決して行く事だと思う。とにかく「泣きっ面に蜂」には、したくない。

« 雑草に思う | トップページ | 売家と唐様で書く三代目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月になって:

« 雑草に思う | トップページ | 売家と唐様で書く三代目 »