« 自分自身を自信を持ち輝かせる | トップページ | 盗人にも三分の理あり »

2007年10月30日 (火)

前防衛事務次官の証人喚問

今日の名言

戦争においては、あらゆる種類の善きものも美しきものも姿を現し、あらゆる種類の邪(よこしま)なるものも醜いものも明るみへ曝(さら)し出される。

ラブレー『ラブレー 第三之書 パンタグリュエル物語』

20071029010008011

NHKテレビ中継で守屋前防衛事務次官の証人喚問の様子をみた。

昨日、午後1時からの証人喚問で、衆議院の特別委員会で守屋氏は、防衛省と取り引きのある商社の宮崎元専務と200回を超えるゴルフを行うなど繰り返し接待を受けていたことを明らかにしたうえで「私の不祥事が新テロ対策特別措置法案の審議の大きな障害となっていることに痛切な責任を感じている」と謝罪した。その一方で、守屋氏は、宮崎元専務に便宜を図ったことは一切ないと否定した。
責任を痛感していると事であるが、防衛省の倫理規定を作成した中心的存在の人が、作成している最中にゴルフ接待を受けていたとは、一体どういう神経の持ち主だろう。
そして、退職金の返納は、良く検討して決めたい。と言っていた。
悪い事とは分っていて、山田洋行の宮崎元専務のゴルフ招待を受けていたと言うことだ。
これは、犯罪である。良心があるならば、昔なら切腹ものだ。ただ申しわけない、だけでは済まされぬ問題であるにも関わらず退職金の返納は考えていない、なんてとても許されない。本当に自分の行ってきた事をまったく反省していない。
そして、謝罪とは、頭を下げればいいんだ位にしか考えていないようだ。とても納得がいかない。
守屋氏の謝罪したいとは、どういう事なのか?、説明を聞きたい。こんなことで幕引きなんてしたら「腹の虫が収まらない」悔しい。日本の辱だ。

守屋氏は、宮崎氏と政治家との会合時期について「昨年か一昨年」とした。宮崎氏と複数の政治家の会合に同席したことも、宮崎氏と政治家1人との宴席に加わったことも認めた。

一体、どうなっているのかこれでは、第二のロキード事件ではないか?、疑惑はますます疑惑が深まった。徹底した解明が望まれる。

毎週末にゴルフを奥さんと一緒にして、危機管理意識は、どう考えていたのかなあ・・・、前事務次官・山田洋行の周りの人は、気がついていなかったのかなあ・・・

日本の官庁って、こんなところか?疑いたくなる。

証言内容を並べてみると、改めてこんな感覚の人物が次官職にあったことにあぜんとさせられる。他方で、国会は新テロ対策特別措置法案という重要法案の審議を抱えている。疑惑の解明と国際貢献策の論議。国会はその両方に責任を負っている。

« 自分自身を自信を持ち輝かせる | トップページ | 盗人にも三分の理あり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前防衛事務次官の証人喚問:

« 自分自身を自信を持ち輝かせる | トップページ | 盗人にも三分の理あり »