« 清少納言の「枕草子」の事 | トップページ | 風景歳時記 »

2007年1月26日 (金)

学校給食費未払いの事

文科省で調査したところ、学校給食費の未払いが22億円にも上ると言う事だ。その中には事情により、生活保護者となり仕方なく払えない人もいるが、払えるのに払わない人がいると言う事だ。今朝の新聞の産経、読売、毎日が、社説でその不当さを批判する内容の記事を書き綴っていた。

各字自体では、未納者の督促に市の職員、先生、また、定年退職者にお願いして集金をして貰うといったことで、市や教育委員会は、頭を痛めている。

払わない理由として、義務教育だから当然税金から賄うのは当たり前だ。と言う勝手な解釈をしている人が多いとか、戦後生まれの、自分だけよければとの考えでまかり通すことをしてしまう、我がまま大人がいる。

給食費は何処の地自体でも、ある程度の人件費や設備費など補助で運営されている。その事も解かっていない。

今日あるラジオ番組で、コメンテーターが、学校給食を止めて、「弁当」持参の昔のようにしたら、親の責任と子供の教育の原点に戻り、人間教育が自然と構築されてとてもいいのではとの意見だった人もいた。確かにそういう意見もあるが、時代が夫婦共稼ぎしなければ生活できない人もいて、朝の忙しい時間に、弁当作りには時間が足りない、仕方なし前の日残り物を入れたりしてしまい、食中毒というまた、違った問題も起こる。

兎に角こういった問題は、戦後の教育(ゆとり教育等)に問題があって、その付けが回ってきたものと思う。学校給食費の問題だけの事ではない。一般に世の中を見ても、政府の閣僚の農林省、文科省等の大臣等の事務処理費の問題、地方議員の政務費請求の問題、市の合併特例債の解釈の誤認とか、全く今の小学生、中学生に説明が付かない、情けない実態がある。

全く国民総懺悔しなければならない状態だ。これだから学校給食費の未納なんて、当然と云わんばかりでいる人も、その子供には罪はないが、何れは分かる事、また、先生が自分のポケットマネーで払って仕舞うとかしているとか、世の中本当に乱れた事だ。

朝、資源ごみ(ペットボトル)を出し塵拾いを済ませ、会館に行く、灯油が二缶とも半分だった(何故、一缶から使ってくれないのか全く補充する人の事を考えてくれない)仕方なし、一缶に一杯にして一缶を購入する。ビール瓶等の空き瓶がお勝手にあり、片付ける旭やに運んだ。(福寿会が新年会で使用)

相模原の「さがみ野」で食事(妻の気分転換)に行く。帰りフラワーランドで買い物をする。途中ゴルフ場から歩き、三ツ星にて買い物をして帰る。(1時間ぐらい掛かるのだが下り坂なので、とても早く歩けたように感じた。)

予報どおり暖かく、歩くのに上着を着ないでちょうど良かった。3月の陽気とか・・・でも流石に夜になって北風が冷たかった。

     暖冬で    笑い泣く人     何時の世も

     まっ黄に   柚子熟るなり    冬日向

          冬水車    冷たき水を     撒き散らし

    カワセミや   冬の川面で    小躍り 

9時20分千鶴子さんより、裕美が6/2(土)横浜の元町にて、結婚式を挙げる事になった。本日彼の両親が福岡より上京し、打ち合わせを行った。と電話連絡があった。        

« 清少納言の「枕草子」の事 | トップページ | 風景歳時記 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食費未払いの事:

« 清少納言の「枕草子」の事 | トップページ | 風景歳時記 »