« 客観的「眼光」をいかせ | トップページ | 今日のひとこと »

2007年1月14日 (日)

歩きながら考えた

昨日、歩きながら考えた「今あることをこうやって、歩ける事の幸を感じながら、今歩いている事は生きているからだ。」と。

この所正直言って辛く感じる時もある。体調も不安がある(目が焦点が合わない、左の耳が殆ど聞こえないし、耳鳴りがこの所ひどくなってきた。)だからである。

しかし、誰のせいでもない。自分の不摂生から起きる事なのかも知れないし、加齢による自然現象かもしれない。ただ確かなことは、世の中は、時間があり、動いていてひと時たりとも止まる事はない川の水の流れのようなもの、言い換えれば、宇宙にあって、地球の星も止まる事がないし、動いているから、今があるのだから。時間を止める事は、神様、仏様でも止められない。又タイムスリップする事が出来ない。

又、こうも考えた世の中、文化文明が進んで生活環境は変わって来たがこのままの発展の仕方でいいのだろうか?半世紀の地球状態で生物や物質の生態系が、人間の無謀さと、神にまで冒涜した、我がままな生き方の歴史を作ろうとしている。大変な間違いをしている事に気がつかない人たちが多すぎる。

此の儘の進む社会構造であるならば、結果的には自殺行為となってしまう。

中東での戦争は、同じ民族同士の殺し合いや、北朝鮮の国を呈していない国?に国連で制裁を決めたが、中国では相変わらず援助している問題。アフガンの問題もまだ火種は残っているし、ロシアのベラルーシへの制裁処置や、エネルギーで絡む諸問題は、いつ果てるめどもない。

一方、国内でも、景気はいざなぎ景気を超えたと政府は言っているが、我々庶民には全く感じられない。生活格差の増大である。まして今年から、定率減税の廃止でサラリーマン家庭が悲鳴をあげるし、年金生活者の生活は苦しくなる。そして、法人税の減税という格差を増長させるという理解できない事が。

そして、国会議員の事務所の経理の問題(領収書が要らない帳簿の付け方なんて小学生にどう説明すればいいのか)地方議員の政務費の使用不明朗な税金の使い方)など、教育改革と叫んでいる諸先生の顔が見たい。

世間では、異状殺人が今年になって3件も発生、世間の噂も75日で済んでしまい、これが当たり前の事になってしまう、末恐ろしい世の中となってしまうのかと思うと、寝ても寝られない。

そこで、やれ防犯、防災、教育、地域のコミニケーションだのまくし立てたところで何の効き目があるのだろうか、そう言ったことには全然耳を貸さないし、信用もしていない人々は確実に多くなってきている(地方選挙の投票率が50%を切る事でも分る)

だから、渋谷のバラバラ殺人事件でも、隣のマンションの方も分らないコミニケーションのない人間社会構造や、また事件後、容疑者との電話のやり取りを、録音してテレビで公開するなんて推理小説でも考え付かない事を普通にしてしまう世の中に何の反応もしない。多くの民衆となってしまった。自分に関係がないと思って全く危機感がない。

昨日カムチャッカ沖で地震が発生、マグ二チュード8.3だった。北海道網走市では、午後1時55分4,145世帯の約9,000人を対象に津波の避難勧告を出したが、避難所に駆け込んだ人は1割以下の900人だった。これも、先に言う危機意識の低下なのだと思う。

これが当たり前だとの意識が本当に恐ろしく、これを純粋に素直に聞き入れて貰える「指導者」が早く現われる事を切望する」。

「法律」人間の生きる権利と保障するものだと認識している。「ものさし」でもある。その「ものさし」も作る人、使う人、使われる人が解釈が違っていて常識や価値観の違いがあってもものさしで計る事もままならない。極端な例だが、「白」から「赤」と変えてしまうという心なさや、薄情さが多くなってしまた。

           独り行く   冬山奥は   寒かりき

           冬ざれて  天地分かつ  薄明かり(冬ざれ=草木が枯れて寂しい冬の風物の様子) 

           硬き葉に  柔らか花の  寒椿

           冬ざれて  小鳥のあさる 荒れ田んぼ

« 客観的「眼光」をいかせ | トップページ | 今日のひとこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩きながら考えた:

« 客観的「眼光」をいかせ | トップページ | 今日のひとこと »