« 風景歳時記 | トップページ | 確定申告書を作成 »

2007年1月28日 (日)

《南極掘削》岩盤に未到達3,035.22Mで終了

南極大陸にある日本ドームふじ基地(標高3、810㍍)で、世界初の岩盤採取を、目指して氷床を掘削していた第48次極地域観測隊は26日深さ3,035.22㍍で、掘削終了さた。岩盤には到達できなかったが、国立極地研究所などによると観測隊は岩盤の一部と見られる数ミリの砂粒や岩盤の熱で溶けた水を採取した。

バクテリアなどの生物がいる可能性もある貴重な資料を日本に持ち帰って分析する。

氷床採掘は03年から始まり、昨年1月3,028.52㍍までの氷を採取、最深部の年代72万年前だった。今回は昨年12月から、岩盤まで残り最大20㍍を堀り進めていたが、予定の期間が終了し時間切れとなった。(毎日新聞26日)

朝鳥小屋掃除をし、塵拾いを済ませ、パソコン弄りをして午前中終る。午後12時20分、八王子学園都市に市主催の、防災講演会に出席する。東京直下地震の被害想定に見る八王子市の被害想定講師は中林一樹首都大学東京都市科学研究科教授だった。13時~15時まで。往復歩き参加者は、大庭さん、中川さん、河合さんの4人だった。

帰って来て、かねまんに買い物に行き、牛乳、ジュース、レタス、豆腐を買う。

   枯れ枝に   カワセミ止まり    目を見張る

« 風景歳時記 | トップページ | 確定申告書を作成 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 《南極掘削》岩盤に未到達3,035.22Mで終了:

« 風景歳時記 | トップページ | 確定申告書を作成 »