« 相田みつをのことば | トップページ | たわごと »

2006年10月16日 (月)

生きる語録

利己心を取り去り、慈悲心と寛大な精神で自己反省をしつつ自己の品性、特性を高め、より良い社会のために貢献する生き方。(利他心)

これは非現実的な方法に見えるかも知れないが実は合理的で力強い生き方で、苦労しなくても暮らしていける真の安心平和幸福をもたらす方法。

自分を取り巻くあらゆることに対して感謝し、今が最高と思い、以後行動を前向きに生きる。感謝こそ幸福への最大の近道だ。誰もいなくても1日何十回となく「ありがたいなあ・・」「しあわせだなあ・・」と声を出す。

ささやかな愛を与える。ささやかな貢献心。思いやり。慈愛の心。哀れみの心。いじめ差別しない。策略しない。和顔愛語で生きる。笑顔が大切何事も喜ぶ。

本当にやりたいことを、好きなことを、楽しい事を、自信のある事をやろう。厭なことをしない、賭博、投機、不法、不道徳は不可。自分を基準にする、精神的に自立する、自分のことは責任を取る、自分の心を表現する、自分らしく生きる、他人と違うこそチャンスはある、楽な生き方はきもちがいい、楽観的に陽気に生きる、義理の付き合いはなるべくしない、常識や世間体には鈍感であれ。

出会いを大切にする。素晴らしい友と師を探す。

競争に勝つコツ。

一生懸命になるな、程ほどにバランスが取れたことをする。有るがままに。

プラス発想が事態を好転させる。好奇心を持つ、大自然に出る。

偉そうにするな、「なんにもしていない」他人を認める。褒める。

「損か得か」より「好きか嫌いか」か「善か悪か」あるいは「世の中の為になるかならないか」で生きる。自分がして欲しい事を相手にする。自分がして欲しくないことを相手にはしない。相手の過去の古傷や欠点や悪口や愚痴を言わない。人の秘密をベラベラ喋るな(黙秘の徳)人に恨まれることはしない。

執着はしない、拘りを捨てよう、過ぎ去った事は諦めよう、過去を改め恩義を厚くする。

嘘をつかない、誠を尽くす、どんな相手にも誠意で対応、悪い事はしない習慣に狎(な)れるな、人生の運命は週間が織なす。慈悲のない正義感は持たない。

禍福は恐ろしい。

歴史を学べ、/東洋思想を学べ、秘伝「老荘流」生き方。

« 相田みつをのことば | トップページ | たわごと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きる語録:

« 相田みつをのことば | トップページ | たわごと »