« 感激の無い同窓会 | トップページ | 腰の痛さに悩まされる »

2006年10月 9日 (月)

北朝鮮の核実験

今日、午前10時半ごろ北朝鮮は、とうとう核実験をした(10/3に核実験を行うと国の内外に報道した)と報じた。それにいち早く気づいたのはやはり韓国である。今、国連安全保障会議議長国日本で北朝鮮の核実験阻止を可決したばかり、その上安倍首相の中国・韓国訪問と重なり、NHKをはじめ各メデァは番組変更して、報道していた。それだけに北朝鮮が核を有した国になった事で、世界の平和に対する脅威となって来たといえる。

これで世界の核保有国はアメリカ・ロシア・イギリス・フランス・中国・インド・パキスタン・北朝鮮となったわけであるが、北朝鮮が核保有国となって、北東アジアの平和バランスが崩れて、台湾・韓国・フイリッピン・マレーシア・インドネシア・シンガポールと日本の和平の協調が困難となってきたように緊張が深まってきたようになる。

日本は、唯一原爆の被災国である当然広島・長崎の人々は、想像もつかない憤りと思う。核拡散防止条約(NPT=Nuclear Non Proliferation Treaty)を脱退して、国連の監視委員を追い出し国際社会からも多くの非難の中、実験に踏み切った主な理由は、6カ国協議でなくアメリカとの2国間協議を望み、また、金融制裁の解除を求めている。これは、金正日書記長の最後のあがきと、国内体制の引き締めであるかと思える。相当に経済状況が悪化している事がうかがえる。

日本の政府は、中国・韓国と連携を深めこの問題を慎重に扱わなければならなくなったし、安倍内閣も拉致問題に力をつけて対応するとの意気込みの中最も重要な外交問題となった北朝鮮である。

« 感激の無い同窓会 | トップページ | 腰の痛さに悩まされる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の核実験:

« 感激の無い同窓会 | トップページ | 腰の痛さに悩まされる »