« 人間も枯れ木の如く | トップページ | 加圧トレーニング »

2006年10月19日 (木)

酒の量は守らないと(2日酔い日)

昨夜は、同窓生の橋山國男君のお通夜の帰りに同窓生6人で同窓生の家に寄り遅くまで、飲んだ仕舞った。午前様になって仕舞い、車で送って貰ってやっとの思いえ家に着いた時間は12時40分だった。

風呂も入らず、其のまま寝てしまった、途中2回ばかりトイレに起きてたが7時に起床し、シャワーを浴び身体をリフレッシュしたが二日酔いは治らないで1日中だるく、眠く家でゴロゴロしてしまった。

世の中大きく動いているのに、こんな事して、何たる事だ。自分でこうなる事はある程度予測は付いていたものを、酒の量は分かっている筈が・・・反省が足りない。酒の量は誰にもある」キッチリ守らないと。

今日は、自民党中川政調会長の「核保有の議論はあっていい」の1語が千里を走ったり、デイープインパクトの薬物の問題の噴出したり、アメリカのライス国務長官の来日し、韓国で日、米、韓、の3者会談が予定されていたり、世の中あわただしく動いているのに、呑気にしていられるのだから幸せだよなあ・・・と思った。

門倉みきちゃんから電話あり、日曜日(10/8)に見舞いに行ってきた。幾らか、食事も取れるようになったので元気になったとか、また木下律君は、金具が取れたとか、まだ大変のようだ。昨夜は、お通夜に行って来たとの事だった。

« 人間も枯れ木の如く | トップページ | 加圧トレーニング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒の量は守らないと(2日酔い日):

« 人間も枯れ木の如く | トップページ | 加圧トレーニング »