« そして月曜日 | トップページ | 明日から11月だ »

2006年10月31日 (火)

同窓会の後始末が終った

同窓会の写真を、郵送・配達(歩いて配る)しこれで全て終ったので、振り返って見て自分としてはとても勉強になったと思っている。しかし、反省点はあって、これからの人生に生かさなければと思う。

その理由は、先ず仕方なしに受けてしまった。5人の幹事の誰かが話を進めないと事が始まらないが、誰か始めてくれるのを待っていたが、時期が過ぎてしまいそうになって来て、ファーストレーションが溜まって来た。橋山厚夫君の後押しで、自分が先頭切ってしまって、後戻りが出来なくなってしまう。

そして、途中幹事の木下律君・八木香子さんの緊急入院と言う事態が起こり、ちょっと相談する事も出来なく、これで、一人でやらなくてはと意を強くし開き直って取り組んだ。結果的には、まあまあ出来たのではないのかと思う。

何かやるのであれば、またやらなければならない時は、気持ちよくやる事だまして相手に不快感を、与えるような事はしないようにする。これが大切で、勉強になった。どうせ不器用であるのだから、一生懸命にして人に誠意が伝わるのだと思うし、必ず良い評価をしてくれると言うこと。

« そして月曜日 | トップページ | 明日から11月だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会の後始末が終った:

« そして月曜日 | トップページ | 明日から11月だ »