« 敬老の日(長寿社会) | トップページ | 生きて行く指標 »

2006年9月20日 (水)

プロの生き方流儀

茂木健一郎の「プロの生き方の流儀」NHKの番組から

人間逆境の出会いを3つの流儀で乗りこえている。

1、ありのままの自分をさらけ出している。

2、人生を変える出会いや、言葉に出会っている。

3、論理より、直感やひらめきを信じる。

1は、人間の脳には、共感の回路と言うのがあって、相手が感じることをあたかも自分が感じているように反応する。その回路は、相手の弱みや、痛みに対して働きやすい。   2は、何でも好きになれば、一生懸命になる。何でも信じる事が出来きてことが見つかれば人生楽しく生きられる。                                      3は、壁にぶっかったときや、重大な決断を下すとき理論的な思考より、感情が訴えかけてくるのに、従う方がいい結果もたらす。

« 敬老の日(長寿社会) | トップページ | 生きて行く指標 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロの生き方流儀:

« 敬老の日(長寿社会) | トップページ | 生きて行く指標 »