« ターニングポイント | トップページ | 世の中を渡る試練 »

2006年8月 8日 (火)

人生の原点戻ること

人生の往く道の途中は、早道、回り道、草道、迷い道らを歩いてここまで来た。とても一直線でない、これが誰でも普通人の道程だ。大事な事は迷い道に入って仕舞って出口が解らず進む方向が定まらない時は、原点に戻る勇気が必要だ。それに気づくのが早ければ早いほど良い。そして、BLINDの無い高いところから一望し、そこで目標をハッキリ定めることが重要である。その判断は人それぞれの個性や今までの環境でや、経験の違いが出るのは仕方がないこと、だから道程が違ったと思ったら、原点に戻る考えが、そして大所高所で判断することは、いかにその後の人生を有意義に過ごせるし「葦のずいから天上望む」ということでなくもっともっと視野が広がるだろう。行く道は色々あるのだから、それが個人のこれからの人生観となって人間形成されて、現れる事になると思う。

« ターニングポイント | トップページ | 世の中を渡る試練 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生の原点戻ること:

« ターニングポイント | トップページ | 世の中を渡る試練 »