« 女の強さについて | トップページ | 終戦の日の思い出 »

2006年8月14日 (月)

自分を中心の世界では困る

どうも、世の中自分を中心に回っている事に、鼻を高くしていい気なっている人が居て何も気がついていないのは、困ったものだ。その世界は相手の考えを尊重しないで、好きなことをして、平気で行動をする高慢ちきな人である。自分の考えに反抗する人は、徹底的に排除すると言う云わば、完ぺきに近い妄想信者でもある。世の中人種、宗教、生れた環境、考え方の集まりで構成されている。そこで考え方が違うからとて、協力できないと言う事は許されない事である。民主主義の世界である事で、争いに無い世界が成り立っているので自分の意見と違うから除外するなって話にならない。まあ・・・よくここまで生きてこれたもんだと思う。あまり人に、馴染んでしまい自分の主張を全然持たないこともいけないと思うが、大切な事は相手の気持ちも理解することだ。

« 女の強さについて | トップページ | 終戦の日の思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分を中心の世界では困る:

« 女の強さについて | トップページ | 終戦の日の思い出 »