« 人生の原点戻ること | トップページ | 少子化の問題 »

2006年8月 9日 (水)

世の中を渡る試練

昨日は、心に渦巻いていたもやもや感を積極的に払い退けてスッキリしたかと思いたいが、どうもそうではない。実際には解決したが何故か空しい。それは理想の位置まできていないからだと思う。大の大人の挑発に世間体を保身するためにいわゆる我慢をしてしまって犠牲になり、引いてしまったからだ。ハッキリ心の思うまま言動をして仕舞ったら身の破滅であり、大手を振って生きていくこともできなくなる。しかし、世の中の人間はいろいろの性格の人がいるものと承知をしていたが、生きるという事は難しいことだなあ・・・とつくづく感じた。これも試練なのだと思い、止まる事は許されない、前に進まなければ明日は無い。個人の主張を振りかざし、心のそこまで見透かして仕舞っていることに気づかず、どうしょうもない人間が多いのには腹ただしい。

« 人生の原点戻ること | トップページ | 少子化の問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中を渡る試練:

« 人生の原点戻ること | トップページ | 少子化の問題 »