« moral hazard(モラルハザード) | トップページ | 満腹はよくない »

2006年8月 3日 (木)

負けて強くなる

昨夜、ボクシングの世界選手権があった。WBAライトフライ級1位のべネズエラのランダエタ対共栄ジムの亀田興毅の試合だ。亀田は、ただ強がりだけは、試合前は人一倍発揮していた。3兄弟の長男で19歳で小憎らしいほどの自信振りで、相手を小馬鹿にして見下していたが、試合内容はまるで駄目1回にダウンを喫し11回はよれよれであった。観衆は、亀田の勝利を疑った。しかしジャッジの判定は2対1で亀田の勝利だった。 それは、初めての経験だったと思うが試合に勝って勝負に負けたようなもの。ここで大事な事は、負けたことで、辛酸を味あったのだから、今までの強がりや、自信過剰の態度は改めることだ。そして人間的に成長をしなければいけない。誰でも負けを知って強くなって行くものだという事を改めて教えてもらった。そして、人間的にも成長してもらいたい。

« moral hazard(モラルハザード) | トップページ | 満腹はよくない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けて強くなる:

« moral hazard(モラルハザード) | トップページ | 満腹はよくない »