« 今日の言葉 | トップページ | 生きる活力 »

2006年8月24日 (木)

人の評価

人間は、誰でも、大勢の人と関わりあって生きられる。そこで人の評価は、自己採点と、他人の採点と大きくかけ離れてしまっていることは、仕方がない事だ。本にが意識しすぎて仕舞うと取り返しのつかないことになってしまう。何故かと言えば人の評価は、他人が決めることで、自己評価と他人評価とでは、大きく離れること多いと思う。「これもやったあれもやった」自慢する人がいる人には、閉口した経験がある。自分がいいと思っていても他人にはとても耐えられないことってあると思う。だから、自分をPRすることは、慎重にしなければいけないことだ。しかし、全然云わないのも個人の存在価値がなくなり、問題になってくるので、難しいことだ。快い生き方をし、何時も爽やかな気分でいられる人間関係がとても大事だし、努力しなければいけないと思う。

« 今日の言葉 | トップページ | 生きる活力 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の評価:

« 今日の言葉 | トップページ | 生きる活力 »