« 年をとっても歩く | トップページ | 満たされぬ心 »

2006年7月31日 (月)

思いやりの伝わり方

人に親切心をかけても、相手はこちらで想像するほど感じていない場合がある。そんな時には寂しく侘しい思いになる。相手に恩を売る事でもない所作がかえって有り難迷惑になってしまう事もある。そんな結果なら最初から親切心はしなければ良いので、黙って見ているしかない。こんな事身内にいるなって!なんと情けない事。    又、親切心でしてあげることは当たり前と捉えてもう想定済みであるかのように感じている?のかと思える場合もあり考えてしまい。いずれにしてもコミ二ケーション不足で起きる気持ちのすれ違いからだと思う。普段から、心中より話し合い、お互いに相手の立場を認め合う事が大切である。こんな事を、一宿一般の付き合いで感じ取った。

« 年をとっても歩く | トップページ | 満たされぬ心 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いやりの伝わり方:

« 年をとっても歩く | トップページ | 満たされぬ心 »