« おぞましい心 | トップページ | 適当な刺激は必要だ »

2006年6月16日 (金)

止まない雨はない

入梅に入り、雨の降る日が続くと思われるが、それでも長くても三日も降り続ければ止むだろう。心の雨降り状態も必ず止むものだ。この方は気持ちの持ちかで自然の雨は、天気図でも分かる通り地球の自転により西から変化してくるのが普通である。従って入梅時期に東南アジアにインド洋の低気圧が発達しヒマラヤ山脈に向って吹きつけ雨を降らすために地球の回りの影響で雨を降らす雲が西から東と流れるのである。その雨雲も切れて晴れ間は、必ずやって来る。雨と晴れは交互にだ。その雨と晴れ間のお陰で米が出来、日本独特の農産物が取れ、水産物にも大いに影響はあるのだ。一方、人の心は人間同士の事で、人の欲からの問題から発生する。お互いの理解と努力で、必ず雨と晴れは出来る。また、五欲(財、色、名、眠、食)のコントロールが出来ないで起こる。しかし、これも人の歴史から見てもいつかは収まるものである。今朝眼が覚めると、激しく屋根打つ雨に思い書き留めて見た。AM 3時30分

« おぞましい心 | トップページ | 適当な刺激は必要だ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 止まない雨はない:

« おぞましい心 | トップページ | 適当な刺激は必要だ »