« 普通が最高 | トップページ | 感動の日だった »

2006年6月12日 (月)

独楽の回りにへばり付く人間の垢

毎日、毎日世の中回っているんだ、大きな事件が、あちこちに起きている。これは、大変なことなのだが、「人の噂も75日」と言うけれど次から次へと起きては消え?起きては、消え?と移り変わって行く。過ぎてしまえば、何事もなく忘れ去って行くようだ。一つの事にしがみ付いていたら、前に進まない事は良く分かっているが、どうしても置き去りしてはならない事もあると思う。また、その事を教訓に何時までも忘れてはいけない。そういう経験(体験)を記憶をとどめたり、忘れ去ったりすることは人夫々に違う受止め方でいいと思うが、大事なのは、事実(体験)を生かし、今後の生きていく糧にしていくことだと思う。それは取っても取っても取れない独楽(世間)に人間の垢だ。

« 普通が最高 | トップページ | 感動の日だった »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 独楽の回りにへばり付く人間の垢:

« 普通が最高 | トップページ | 感動の日だった »