« 独楽の回りにへばり付く人間の垢 | トップページ | 自然と人間 »

2006年6月13日 (火)

感動の日だった

日常の生活を、研ぎ澄まされた、感性で送ることの出来る喜びと、充実感で送るこはこの上ない幸せである。そんな事の実感した日。世の中こんなに旨く言っていいのだろうか、一瞬、自分の頬をつねって見たくなるようだ。会った人が皆んな、自分に味方をしてくれているのだ、また、どんな人でも許せる心境になっている自分があった。こんな事今まで、生きてきて、こんな経験はあまりない。良く言われる言葉だが「生きていて良かった」である。それは何んだろう、自分の気持ちを素直に認めた結果だと思った。こう言う日を継続させる事こそ、人間最も大事な事だと思う。有り難い。

« 独楽の回りにへばり付く人間の垢 | トップページ | 自然と人間 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動の日だった:

« 独楽の回りにへばり付く人間の垢 | トップページ | 自然と人間 »