« 自己主張について | トップページ | 一期一会と言う事 »

2006年6月27日 (火)

人間の欲望と社会

人間の欲望には際限がない。欲には5欲といわれている、カテゴリーがある。すなわち、財、食、色、眠、名、だがどれをとっても際限がない。かのビル・ゲイツだって世界一のお金持ちであっても、財力で不満はあると思う。(今は、引退すると言うことで、どうかな?)人間は、プライドを持つことが必要で、生きて行くのに条件の一つと思うが。歴史的に有名な秦の始皇帝の、3千の寵愛を受けても5欲は不満で、他に比較できない程のプライドがあったことは事実だ。独裁的な社会構造では仕方がないが、人間どうしが相手を尊重する民主社会構造であるならば、欲を抑える事が絶対に必要である。その範疇は、個人、国の、考えが違っていて、なかなか統制が取れないのが現下の状況だ。また大事な事はそれに伴う心の問題が付いている事で,宗教、民族で、愛の授受の違いが大きいと思う。

« 自己主張について | トップページ | 一期一会と言う事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間の欲望と社会:

« 自己主張について | トップページ | 一期一会と言う事 »